Q.1 健康食品の利用について
 
Q.1-1「健康食品」とは何ですか?
Q.1-2「健康食品」を摂取した方が健康になれるのですか?
Q.1-3「健康食品」を利用するときに気をつけたほうがよいポイントを教えて下さい。
Q.1-4「健康食品」を選ぶとき、誰に相談すればよいですか?
Q.1-5「健康食品」に関する情報の入手について
Q.1-6「健康食品」の虚偽誇大広告にだまされない方法を教えて下さい。
Q.1-7危険な「健康食品」にはどのような事例がありますか?
Q.1-8海外から「健康食品」を輸入(個人輸入)する際の注意事項を教えて下さい。
Q.1-9安全な「健康食品」を選ぶための目安はありますか?
Q.1-10妊娠中ですが、「健康食品」を利用しても大丈夫ですか?
こどもに「健康食品」を使わせても大丈夫ですか?
Q.1-11高齢者が「健康食品」を利用しても大丈夫ですか?
Q.1-12病気に「○○」が効くと聞いたので、利用してみたいのですが。
Q.1-13「健康食品」を利用していて体調が悪くなりました。
どこに相談したらよいですか?
Q.1-14「健康食品」を利用していて金銭的なトラブルに巻き込まれました。
どこに相談したらよいですか?
Q.1-15現在使用している「健康食品」について、このサイトで相談に乗ってもらえますか?



Q.1-1「健康食品」とは何ですか?
A.「健康食品」という言葉は、法令などにより定められているものでなく、一般に、「健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの」を総称するものです。健康食品には、実際に「健康の保持増進効果」があるかどうかが確認されているものもあれば、そうでないものもあります。このうち、国がその「健康の保持増進効果」を確認したものが「保健機能食品制度」で、保健機能食品には「特定保健用食品」と「栄養機能食品」があります。その他の健康食品には、「健康補助食品」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「栄養調整食品」「健康飲料」「サプリメント」といったものがありますが、これらは、国がその効果を確認したものではありません。

詳しくは、下記のページを参照してください。
厚生労働省 保健機能食品関係ウェブサイトへ
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-2「健康食品」を摂取した方が健康になれるのですか?
A. 私たちの健康は、バランスのとれた正しい食生活により保つことができます。健康食品のみで、1日に必要な全ての栄養素をバランス良く摂取することはできませんから、まずは毎日の食生活を見直すことからはじめると良いでしょう。「健康食品」に通常の食生活を上回る役割を求めるのは間違いです。また、「健康食品」は多くとればよいものではありません。摂取目安量を守って摂取してください。特に錠剤、カプセル剤のものは過剰に摂取することがないよう注意してください。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-3「健康食品」を利用する時に気を付けたほうがよいポイントを教えて下さい。
A.健康食品を利用する前に:
基本はバランスのとれた食生活、運動、休養です。
健康食品は医薬品ではなく、あくまで食品の一つです。特性を理解して、食品の選択肢の一つとして利用しましょう。
その健康食品は本当に必要ですか?誇大広告に惑わされていませんか?
有効性よりもまず安全性が大切です。品質等に問題はありませんか?
価格は類似製品と比較して適正ですか?高価だから効果があるとは限りません。
健康食品を利用する時は:
バランスのとれた食生活、運動、休養ができていますか?
病気の時は病院での治療が優先です。病気の方は医療関係者のアドバイスを受けて下さい。
全ての方に効果が期待できるわけではありません。過大な期待はしないでください。
他種類の健康食品を一度に利用していませんか?一度に数ヶ月分も買わされていませんか?まず一種類をごく少量から試して、自分の身体に合うことを確認しましょう。
「どのような健康食品を」「いつから」「どの位の量・頻度で」利用しているか、記録に残しておきましょう。後で思わぬ健康被害が発生したとき、医療機関での適切な治療、因果関係の証明の貴重な参考になります。
体調に異常を感じたときは、直ちに摂取を中止し、必要ならば医療機関で受診し、保健所にも相談して下さい。
 
「健康食品」を摂取する場合、以下に該当する方は、かかりつけの医師や薬剤師、サプリメントアドバイザーなどと相談の上、十分に注意して使用されることをお勧めします。
医薬品を服用しているとき。(医薬品と健康食品を併用する場合、相互作用などにより、思わぬ健康被害が発生する場合があります。)
服用している医薬品の代わりとして、同様の効果が期待されるといわれる「健康食品」を摂取するとき。(「健康食品」に治療効果はありません。)
医師による治療を受けているとき。(処方された薬の効果を弱めたり、手術の際に出血が止まらなくなるなど、様々な悪影響を与える可能性があります。)
複数の「健康食品」を併用しているとき。(重複する成分や特定の成分について、過剰に摂取した場合や食べ合わせなどの結果、思わぬ健康被害が発生する危険性があります。)
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-4「健康食品」を選ぶとき、誰に相談すればよいですか?
A.最近、テレビや新聞で「健康食品」に関する情報があふれていますが、間違っているものや、大げさなものも少なくありません。正確な情報を得るためには、管理栄養士や薬剤師など、信頼できる身近な専門家に相談すると良いでしょう。また、医師の治療を受けている方は、医薬品との相互作用を避けるため、必ず医師又は薬剤師にご相談下さい。 また、厚生労働省では「健康食品」のアドバイザリースタッフの養成を推進しております。詳しくは、下記のページを参照してください。
厚生労働省ウェブサイトへ
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-5「健康食品」に関する情報の入手について
 インターネットで見ることはできますか?
  下記の2つのサイトをご覧下さい。

厚生労働省ウェブサイト
主な「健康食品」関連制度の解説、関連報道等
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/index.html

独立行政法人 国立健康・栄養研究所ホームページ
(健康食品等の安全性・有効性情報等)
http://www.nih.go.jp/eiken/
 
 「健康食品」に関するパンフレットはありますか?
  「健康食品」に関するパンフレット等は作成していません。「健康食品」の安全性・有効性情報サイト内で、行政機関が作成した健康食品関連のパンフレット集を紹介しておりますのでこちらを参考になさってください。
 
 「健康食品」の素材情報データベースは書籍になっていますか?
  「このサイトに掲載している情報について」のQ.4-4 をご覧下さい。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-6「健康食品」の虚偽誇大広告にだまされない方法を教えて下さい。
A.「健康食品」の広告は世の中にあふれていて、広告が本当のことを言っているのか一見して判断することは難しいものです。しかし、以下のようなうたい文句にはだまされないようにしたいものです。
 
 (1)「即効性」「万能」「最高のダイエット食品」
  過度の期待を抱かせる表現はまず疑ってください。「健康食品」は万人に効くものなどはありません。
 (2)「ガンが治った」などの治療、治癒に関する言及
  「健康食品」は医薬品ではありませんから、こうした効果を信じてはいけません。病気になったら、手遅れにならないよう、まずは、かかりつけの医師の診察を受けましょう。また仮に治った方が居たとしても、全ての人に同じように効くという保証はありません。
 (3)「天然」「食品だから安全」「全く副作用がない」
  「天然」由来のものならば化学的合成でないから安心と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、天然のもの、自然のものにも毒素を含むものがあるなど「天然だからといって全て安全ではない」ことに注意すべきです。また、健康食品には特定の成分を過剰に濃縮して含有しているものがあり、一般に食経験がある成分であっても、こうしたものが必ずしも安全であるとは言えません。
 (4)「新しい科学的進歩」「奇跡的な治療法」「他にない」「秘密の成分」「伝統医療」
  未承認医薬品を含有しているものがあり、思わぬ健康被害が発生する場合があります。
 (5)驚くべき体験談、医師などの専門家によるお墨付き
  体験談において驚くべき効果が記載されていたとしても、その効果が万人に現れるとはいえません。また、体験談において症状等が改善されたのはこの健康食品のおかげと体験者が断定していたとしても、同時に行われた医師の治療や生活習慣の改善等によって改善された可能性があるなど、その断定は客観的な根拠ではないことに注意が必要です。また、体験談が販売業者等による作り話だったとしても、広告の受け手であるあなたはその真実性を検証することができません。さらに、医師などの専門家によるお墨付きがなされていたとしても、業者からの依頼を受けてお墨付きを与える営利的な専門家がいる可能性にも留意すべきです。
 (6)「厚生労働省許可」「厚生労働省承認済み」
  特定保健用食品を除き、厚生労働省が事前の許可、確認を行っている健康食品はありません。なお、輸入品の場合には、これまで健康被害が多く報告されている医薬品成分が含まれていないことの証明書を求めていますが、製品全体の安全性を保証するものではありません。
 (7)「○○に効くと言われています」
  伝聞調により表示し、世間の噂・評判・伝承・口コミ・学説等があること等をもって、健康の保持増進の効果がある旨を強調し、又は暗示するものは、当該食品によって当該疾病を治癒することができると誤認をしやすいため注意が必要です。
 (8)「ダイエットに効く○○茶(特許番号××番)」
  特許を受けているからといって、必ずしもその効果が認められているわけではないことに注意が必要です。
 (9)「○○を食べると、3日目位に湿疹が見られる場合がありますが、これは体内の古い毒素などが分解され、一時的に現れるものです。これは体質改善の効果の現れです。そのままお召し上がりください。」
  不快症状を記載することにより、強い効果や即効性等があると誤認をしやすいため注意が必要です。このような表現は、適切な診療機会を失う可能性もあります。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-7危険な「健康食品」にはどういう事例がありますか?
A. 「健康食品」の製造および販売には、医薬品のような厳格な製造基準や品質管理は必ずしも必要ではありません。そのため市場には、「成分が表示通りに含まれていない」「安全性がよくわかっていない素材や成分を使用している」「不純物や有害成分が除去されていない」「間違った材料を使用している」「違法に医薬品成分を添加している」など、問題のある製品が少なからず流通しているのが現状です。
 
医薬品成分が違法に添加されている場合:
  特に危険な健康食品としては違法に医薬品成分を添加したものがあります。医薬品成分は、医師や薬剤師など専門職の管理下で注意して使用しなければ思わぬ健康被害を起こす可能性があります。当サイトでは、健康食品に違法に医薬品成分を添加して摘発・公表された過去の事例を整理して公開していますので参考にしてください。
安全情報・被害関連情報
インターネットなどを介した個人輸入、通信販売:
  最も被害が大きい「違法に医薬品成分が添加されている食品」は、インターネットなどを介して個人輸入代行などにより海外から購入したり、お土産などで入手するケースが多く、特にダイエット関連、強壮・強精関連、糖尿病関連の食品に多く見受けられます。通信販売を利用する際は、個人輸入代行でないかどうかよく確認しましょう。事業者の住所が海外だったり、「日本では購入できない」「海外から直接製品が届きます」などと書かれている場合は個人輸入に該当する可能性が疑われます。個人輸入についての注意事項は、Q.1-8 をご覧ください。
錠剤やカプセル剤などの形態:
  錠剤やカプセル剤などの特殊な形態をした食品は、安全性が不明確な素材や成分を過剰摂取してしまう危険性があります。
食事摂取基準が設置されていない成分、食経験の乏しい素材:
  ヒトが安全に摂取できる目安量や適切な利用方法が不明確な素材や成分が多数あります。このような素材や成分は、有効性を考える前に安全性が危惧されます。食経験の乏しい、よく知らない素材も同様に、安全性について慎重に検討する必要があります。たとえ食経験が豊富な身近な食材であっても、素材の使用部位や摂取量、対象者によって安全に利用できない場合が多くあることを留意してください。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-8海外から「健康食品」を購入(個人輸入)する際の注意事項を教えてください。
A.  海外から「健康食品」を購入(個人輸入)する際は、行政機関のチェックを経ないため、安全性に関し、リスクがあることを十分自覚する必要があります。特に、海外では食品とみなされる成分であっても、日本では医薬品成分であるものが含まれる場合や、バイアグラ成分のように明らかに医薬品成分であるものが混入されている場合がありますので、健康被害の未然防止のため、十分な注意が必要です。また、日本では認められていない食品添加物が使用されている場合もあります。
 なお、海外において日本語のホームページを開設している個人輸入代行業者の場合には、薬事法や健康増進法の適用を受けないために、効果が不明であるにもかかわらず、疾病の治癒や予防を堂々とホームページに記載している場合がありますので、これらの代行業者から購入する際には注意してください。
(参考情報「健康食品や外国製医薬品、化粧品等と上手につきあうために」)
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-9安全な「健康食品」を選ぶための目安はありますか?
A. 「健康食品」の世界はまさに玉石混淆です。品質や安全性に問題のある製品がたくさん流通しているのが現状ですが、一方で安全性確保に自主的に取り組んでいる事業者も増えています。
・GMP適合認定(Good Manufacturing Practice)「医薬品の製造管理及び品質管理規則」
・(財)日本健康・栄養食品協会による規格基準認定制度(JHFAマーク)
・各業界団体による独自の認定制度
このような認定制度を受けたり、表示をした事業者の製品が全て安全である確証はありませんが、商品を選択する上で一定の目安になるといえます。
 
購入する際に気を付けるポイントは?
(1) 全ての食品は安全であることが求められますが、一般的な食べ方では特に問題とならない食材でも、加工法や摂取方法・量によっては、健康に有害な場合もあります。「食品として販売されているのだから安全性は保証されている。」と思いこむのは間違いです。
(2) 「天然」「植物性」「自然」「有機(オーガニック)」という言葉は、原料の特性を示すだけであり、必ずしも製品の「安全」を保証するものではありません。
(3) 期待する効果より安全性が何より大事ということを覚えておいてください。 「健康食品」は適切に使用しないと「不健康食品」になりかねません。
(4) 健康な方にとっては、安全な「健康食品」であっても、高血圧症の方など、特定の疾患を抱えている方、医薬品を服用している方にとっては、禁忌である場合もありますので、このデータベースの素材情報を参考にして下さい。
「健康食品」の安全性は誰が保証してくれるの?
「健康食品」(特定保健用食品を除く)は、販売の際に行政の承認ないし許可を受けているわけではありません。これまで、有害性が確認された成分、食品に使用してはならない医薬品成分などについては、行政より注意を呼びかけていますが、一般に安全とされる食品成分でも、製造・加工方法や摂取量によっては、安全でない場合もあります。「健康食品」にかかわらずすべての食品の安全性は食品衛生法により製造者・販売者によって確保されなければならないとされています。また、きちんとした製造者・販売者なら消費者の疑問に対して誠実に答えられるはずです。製品に関してもっと詳しく知りたい場合には、製造者に以下のようなことを聞いてみましょう。
・ 製品の表示内容は十分立証されているのでしょうか。
・ 製品の安全性と有効性について情報を公開しているのでしょうか。
・ 過去に当該製品で健康被害事例を受けたことがあるのでしょうか。
「健康食品」について行政機関ではどのような監視をしているのですか?
都道府県等の保健所や、国の検疫所が随時モニタリング検査をするなどして、安全性について監視活動を行っています。また、健康増進法や薬事法に抵触する表示・広告については、厚生労働本省、地方厚生局、都道府県等が根拠法令に基づき、表示の適正化のために監視活動を行っています。その際、原材料の含有量が表示通りか、表示が消費者に誤解を与えるものではないかなどを確認し、問題があれば改善するように指導しております。また、JAS法、景表法、計量法等に関するものについても、担当部署による監視指導がなされています。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-10妊娠中ですが、「健康食品」を利用しても大丈夫ですか?
こどもに「健康食品」を飲ませても大丈夫ですか?
A.  妊娠中の方、あるいは小児が健康食品等を利用されることは、できるだけ避けるのが望ましいと考えられます。そして必要な栄養は、普段食べている食材から補給することが基本です。まずは今の食生活を見直してみましょう。
 健康食品を利用とするときは、利用により得られる良い効果(ベネフィット)と、望まない効果あるいは多大な出費(リスク)のバランスを考えることが重要です。一般に妊婦や小児の方は摂取した物質の影響を受けやすく、希ですが健康食品の中には違法に薬物を混入したものや有害な成分を含んでいるものもあります。また、錠剤やカプセル、粉末など特殊な形態の食品は、特定の成分を過剰摂取しやすいという特徴があります。以上のように不安要因の多い状況で、妊婦や小児の方が健康食品を利用するとベネフィットよりもリスクが高いと判断できます。そのため妊婦や小児の方が積極的に特殊な健康食品を利用することはお勧めできません。
 健康食品はあくまで補助的に利用するものであり、必要な成分は日常の食材から摂取することが基本です。食生活に不安がある場合には、保健所などで行われている栄養相談を利用すると良いでしょう。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-11高齢者が「健康食品」を利用しても大丈夫ですか?
A.  高齢者の方が健康食品等を利用される時は、特にその必要性を冷静に判断して下さい。高齢になると、若いときに比べて食べる量が減りがちですが、安易に健康食品に頼らずに、まずは今の食生活を見直してみましょう。必要な栄養は、普段食べている食材から補給することが基本です。「栄養が足りていないかもしれない」「食事が偏りがちだ」という不安がある場合は、保健所などで行われている栄養相談を利用するとよいでしょう。ですが、努力しても食生活を改善することが難しい場合には、ビタミンやミネラルなど食事摂取基準が定められている栄養成分の中から、自分に足りていない成分を選んで適切に利用する範囲に留めましょう。ビタミンやミネラルといえども、多く取れば取るほど健康によいというものではありません。
 一方、高齢者では代謝・排泄の機能が低下しますので、過剰摂取しやすいサプリメント等の特殊な形態の食品を安易に摂取すると、摂取した物質の影響を受けやすい可能性も考慮する必要があります。もし利用するとしても、国が認めている保健機能食品(特定保健用食品と栄養機能食品)の利用に留め、有効性の科学的根拠の乏しい成分を含むいわゆる健康食品の利用はお勧めできません。高齢者では様々な病気を抱えている方が多く、健康食品の利用が、現在医療機関で処方されている医薬品の効果に思わぬ悪影響を及ぼす可能性があることも留意して下さい。病気との関連についてはQ.1-12 も参考にしてください。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-12病気に「○○」が効くと聞いたので、利用してみたいのですが?
A.  病気の治療のために健康食品を利用することは避けてください。健康食品の効果を過信することは、科学的根拠のある医療を受ける機会を失うことにつながります。病気の時は、まず医療機関において診断と治療を受けることが基本です。健康食品はあくまでも食品の一つであり、病気の治療に用いるものではありません。もし、病気が治るといった表示や広告をした健康食品があれば、薬事法違反に該当します。薬事法違反についてはQ.1-9を参照して下さい。
 健康食品が、同時に飲んでいる医薬品の働きを弱めたり、逆に強めたりして悪影響を起こすこともあります。このような作用を医薬品と健康食品との相互作用といい、一部の成分については当サイト中の素材情報ページ、医薬品との相互作用の項目に掲載しています。ただし、健康食品には複数の成分が添加されており、その成分の含量や品質も製品ごとに大きく異なります。そのため、健康食品の利用が治療にどのような影響を及ぼすかを正確に予想することは困難です。もし利用するとしても医療従事者のアドバイスを受けることが必要です。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-13「健康食品」を利用していて、体調が悪くなりました。どこに相談したら良いですか?
A. 直ちに利用を中止し、医療機関を受診してください。その際、「どの健康食品を」「いつから」「どの位の量・頻度」利用して「どのような症状がでたか」について医療従事者に申告してください。また、お近くの保健所や消費生活センターでも健康食品による被害についての相談を受け付けています。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-14「健康食品」を利用していて、金銭的なトラブルに巻き込まれました。
どこに相談したら良いですか?
A. 「大量に買わされてしまった」「返品に応じてくれない」「高額の請求をされた」など、健康食品にまつわる金銭的なトラブルについては、お近くの消費生活センターに相談されることをおすすめします。全国の消費生活センターの一覧は、国民生活センターのサイトをご参照下さい。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ
 
Q.1-15現在利用している「健康食品」について、このサイトで相談に乗ってもらえますか?
A. 原則的に、当サイトに掲載している情報に関するお問い合わせには対応しておりますが、これ以外の個別のご相談については応じかねますのでご了承下さい。このようなご相談が非常に多くありますが、当サイトは少人数のスタッフで運営しており個別のご相談に応対できる充分な人員がおりません。せっかくご連絡頂いてもお答えできない場合が多く大変心苦しいのですが、ご理解を頂きますようお願い致します。
Q.1 「健康食品の利用について」へ↑ FAQ一覧へ