健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

スピルリナ [英]Spirulina [学名]Spirulina platensis

概要

スピルリナは、マイクロアルジェ (微細藻類) と呼ばれる小さな藍藻の一種で、熱帯のアルカリ度の高い湖などに自生している。地球上に最初に出現した原始的な原核生物であるといわれ、その一つを顕微鏡で見ると、らせん状をしているので、ラテン語で「らせん」を意味するスピルリナと名付けられた。クロロフィルを持ち、光合成を行う。1970年代に健康食品素材として登場して以来、その栄養面から注目を浴びた植物プランクトンであり、主にたんぱく質やミネラルの優良な供給源とされている。俗に、「コレステロールを低下させる」「体重を減少させる」と言われているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。肝毒性があるミクロシスチンを含むものは避けるべきである。特に小児は感受性が高いことから、検査されていない製品の摂取は危険である。また、フェニルケトン尿症の症状を悪化させる可能性があるため、既往歴のある人は使用を避けること。妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため摂取は避けたほうがよい。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。