健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

セイヨウオトギリソウ (セントジョーンズワート) [英]St. John's wort [学名]Hypericum perforatum L. オトギリソウ科 [オトギリソウ属]

概要

セイヨウオトギリソウはヨーロッパ原産で、アジア、北アフリカに分布する多年草で30〜90 cmの高さになる。セイヨウオトギリソウの中国語名は「貫葉連翹」である。俗に、「うつ状態を改善する」などと言われて、軽度のうつ状態に対しては、一部にヒトでの有効性が示唆されている。ドイツのコミッションE (ドイツの薬用植物の評価委員会) は、うつ状態に対する使用を承認している。安全性については、光過敏症、睡眠障害、胃腸の不調などの副作用や様々な医薬品との相互作用があるため、使用には注意が必要とされている。妊娠中・授乳中の摂取は、危険性が示唆されていることから避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・別名としてセントジョーンズワート/ヒペリクムソウがある。全草は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・セイヨウオトギリソウの有効成分はいくつか分離されており、特に良く調べられているのはヒペリシン (hypericin) とヒペリフォリン (hyperforin) である。他にアドヒペリフォリン (adhyperforin) 、シュードヒペリシン (pseudohypericin) 、フラボノール類、フラバノール類、テルペン類、精油、タンニン、ニコチン酸、ビタミンCおよびAなど。
・セイヨウオトギリソウを含む様々な健康食品40種 (カプセル状14種、タブレット状8種、エキス・チンキ状6種、ティーバッグ状6種及び刻み状6種) のヒペリシン及びヒペルフォリン含量を検討したところ、ヒペリシン、ヒペルフォリン共に検出されなかったものが3製品あり、その他ではヒペリシンが0.001〜0.192%、ヒペルフォリンが0.001〜2.256%と含量にばらつきがあった。また、成分含量が表示されている製品は6種あったが、そのいずれも実際の含量とは異なっていたという報告がある (2006184712) 。

分析法

・ヒペリシン (hypericin) の定量は、蛍光検出器 (励起波長470 nm、蛍光波長590 nm) を装着したHPLC法により分析されている (PMID:8646329) (PMID:10202973)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中で見当らない。


消化系・肝臓

調べた文献の中で見当らない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中で見当らない。

生殖・泌尿器

RCT
・更年期症状のある閉経後の女性100名 (試験群50名、平均51.9±4.3歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ900 mg/日とチェストツリー1,000 mg/日を16週間摂取させたところ、ほてりやその他の更年期症状、QOLに効果は認められなかった (PMID:18791483)

脳・神経・
感覚器

一般情報
・抽出物は、軽症あるいは中等症の抑うつに対してはおそらく有効である (94) (25) (PMID:12153829) 。ただし、重症の抑うつに対しては有効ではない (94) 。抑うつに関しては、有効成分ヒペリシンが標準化された抽出物は、三環系抗うつ剤や、プロザックのような選択性セロトニン再取り込み阻害剤 (SSRIs) と同様に、臨床試験においてプラセボと比較して有意な効果がある可能性がある (94) 。大部分のヒト臨床試験はヒペリシン含有量が0.3%に標準化された抽出物、とくにLI160 (Lichtwer社) について実施されている。ヒペリフォリンが標準化された抽出物でも有効だと思われる。ほとんどの試験は成人で行われたが、12歳以下の小児の抑うつに対しても有効であるという証拠が複数ある。よくデザインされた1件のヒト研究の結果、セイヨウオトギリソウの抑うつへの有効性について疑問が投げかけられたが、圧倒的多数の研究は多くの患者に対し有効であることを示している。
・質の異なる複数の無作為割付臨床試験 (RCT) を統合した1件のシステマティック・レビューによれば、セイヨウオトギリソウは軽症ないし中等度のうつ病に対する有効性の高い治療であることが見出された (25) 。
・不安症に対し、有効性が示唆されている。ヒペリシンが標準化された抽出物は、不安症の自覚症状と測定診断値を軽減すると思われる。しかし、セイヨウオトギリソウによる不安の増大もまた、生じる可能性がある (64) 。
・不安、気分変調、眠気過多、食欲不振、うつ、不眠、精神運動遅滞および他の自覚症状の改善が、限られた臨床試験で実証されている (23) (PMID:12424553)
・強迫性障害 (徐放製剤の0.3%ヒペリシン12週間投与で数人の患者の症状をかなり改善) 、季節性情動障害 (SAD) に関連する不安・性欲減退・睡眠障害などの症状、月経前症候群 (PMS) (0.3%の標準化抽出物で約50%の女性の症状を改善) に対し有効な可能性がある (94) 。これらの用途に対する有効性については、さらなる科学的実証が必要である (94) 。
・糖尿病患者やそれ以外の患者の多発性神経症に対して、効果がないことが示唆されている (64) 。
メタ分析
・2007年7月までを対象に、7種のデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験29報について検討したシステマティックレビューにおいて、セイヨウオトギリソウの摂取は抑うつ症状の改善に寄与する可能性が認められた (PMID:18843608)
・2010年2月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験4報について検討したメタ分析において、セイヨウオトギリソウの摂取は、抜歯後の痛みに影響を与えなかった (PMID:23089215)
RCT
・軽度うつ病の患者73名 (平均48.1±15.0歳、試験群26名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ810 mg/日を12週間摂取させたところ、うつ症状や生活の質、幸福感等の改善に効果は認められなかった (PMID:21632064)
・不安神経症を併発している大うつ病性障害の患者28名 (18〜65歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ (花頂抽出物1.8 g) とカバ (根茎の水溶抽出物2.66 g) もしくはプラセボを1日3回、4週間摂取させたところ、被検薬投与後にプラセボ投与した群でのみベックうつ評価尺度におけるうつ症状の自己報告が改善された (PMID:19090505)
・注意欠陥多動性障害 (ADHD) 患者54名 (6〜17歳、試験群27名、アメリカ) を対象とした無作為化二重盲検プラセボコントロール試験において、0.3%ヒペリシン含有セイヨウオトギリソウを300 mg×3回/日、8週間摂取させたところ、ADHD評価尺度および臨床全般印象改善尺度 (Clinical Global Impression Improvement Scale) の改善は認められなかった (PMID:18544723)
・口内焼灼感症候群患者39名 (試験群21名、平均64.9±4.7歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ抽出物300 mg×3回/日を12週間摂取させたところ、VAS (主観的な痛みの評価尺度) による評価に改善は認められなかったが、自己申告による口内の痛みの範囲は縮小した (PMID:18331283)

免疫・がん・
炎症

一般情報
・HIVに罹った成人あるいは慢性C型肝炎に対して、抗レトロウイルス剤のように経口摂取で使用した場合、効果がないことが示唆されている (94) 。
RCT
・過敏性腸症候群の患者70名 (平均42歳、試験群35名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ450 mg×2/日を12週間摂取させたところ、自覚症状に影響を与えなかった (PMID:19809408)

骨・筋肉

調べた文献の中で見当らない。

発育・成長

調べた文献の中で見当らない。

肥満

調べた文献の中で見当らない。

その他

メタ分析
・2013年6月までに4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験2報について検討したメタ分析において、セイヨウオトギリソウの摂取は禁煙による禁断症状に影響を与えなかった (PMID:24402784)
RCT
・軽度から中等度アトピー性皮膚炎18名 (平均30.4±12.9歳、ドイツ) に対するプラセボとの無作為化二重盲検試験で、セイヨウオトギリソウクリーム塗布の有効性を報告 (PMID:12807340)
・喫煙歴20±12.1年間、平均20.6±6.6本/日の喫煙者118名 (平均37.6±12.4歳、試験群79名、アメリカ) を対象とした無作為化プラセボ比較試験において、禁煙とともにセイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日もしくは600 mg×3回/日を12週間摂取させたところ、禁煙の継続率の増加や禁断症状の抑制に対してセイヨウオトギリソウの影響は認められなかった (PMID:20590478)





試験管内・
動物他での
評価

・ヒペリシンは試験管内実験においてラットの脳ミトコンドリアのモノアミンオキシダーゼ (MAO) -A型、B型両方をほぼ不可逆的に阻害することがわかっている。MAO-A型 (セロトニン) 阻害が最大 (23) 。その後の実験ではヒペリシンにMAO阻害活性はないとされている。
・ヒペリシンの肝臓保護作用がマウスとラットで実証されている (23) 。
・ヒペリシンはカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ (COMT) やMAOを阻害する (ただし動物実験でのデータによる示唆 (58)) 。しかしそれはヒトで効果を出すほど十分な有効量には達しないと考えられる。ヒペリシンはシグマレセプターに親和性があり、その他の様々なレセプターのアンタゴニストとして働く (94) 。
・近年抗うつ剤としてのセイヨウオトギリソウの活性がヒペリフォリンにも関係していることが明らかとなった。ヒペルフォリンはシナプスにおけるセロトニンの再取りこみを阻害し、5-HT3、5-HT4セロトニンレセプターに対する拮抗作用を示し、また、GABAやグルタミン酸のシナプトソームによる取りこみを阻害する (94) 。

安全性

危険情報

<一般>
・ヒトにおいては光感作はまれにしか見られないが、色白な人が本品を使用する場合、過度の日光への照射は避けるべきである (22) (23) (58) (94) 。
・アメリカにおいては規制によりアルコール飲料にのみ、香料としての使用が認められている。また蒸留液ではピペリシンを含まない場合にのみ許可されている (22) 。
・経口摂取で適切に短期間使用する場合、おそらく安全である。セイヨウオトギリソウ抽出物は続けて使用した場合、少なくとも12週間までは安全だと思われる (94) 。ただし大量摂取した場合は、危険性が示唆されている。抽出物を一日1,800 mg以上摂取すると、重症の皮膚光感受性反応を起こすため危険である (64) 。
・副作用としては不眠、ありありとした夢、落ち着きのなさ、不安、動揺、いらつき、胃腸の不快感、疲労感、口渇、めまい、頭痛、皮膚のかゆみ、錯覚、遅延性過敏反応など (94) 。うつの患者では軽い躁状態や、二極性の患者では躁状態が誘導されることがある (94) 。不眠が最も良く見られる副作用であるが、これは摂取量を減らすと軽減される (94) 。一般に使用されている三環系抗うつ剤などの薬剤と比較して副作用は少なく、プロザックなどのSSRIとは同等か、副作用がやや少ないと思われる (94) (65) 。
・システマティック・レビューの結果、14件のプラセボ比較試験のうち、7件では副作用は認められず、2件は情報なし、5件で以下のような副作用が報告された:胃腸の不調、睡眠障害、吐き気、発疹、かゆみ、発赤、眠気、疲労感 (65) 。
・アメリカの2002年National Health Interview Surveyのデータを解析したところ、40歳以上で過去12ヶ月間にセイヨウオトギリソウを摂取した経験のある人では、白内障の罹患数が多かった (PMID:19895314)
・2000〜2013年にオーストラリアTGA (Therapeutic Goods Administration) に寄せられたセイヨウオトギリソウ (84件) による被害報告を解析したところ、被害は26〜50歳の女性に多く、フルオキセチン (抗うつ薬) (447件) による副作用報告と類似し、中枢神経系の被害が多かった (PMID:25988866)
<小児>
・小児においては、経口摂取で適切に短期間使用する場合、おそらく安全である。12歳以下の小児でエキスは6週間まで安全に摂取できた (64) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の摂取は、危険性が示唆されているため使用を避ける (94) 。
・授乳中の摂取は、乳児が腹痛、嗜眠状態 (うとうとすること) 、傾眠になる可能性があるため使用を避ける (94) 。
・妊婦162名 (カナダ) を対象とした観察コホート研究において、妊娠中のセイヨウオトギリソウ平均615 mg/日の使用 (54名、平均32.6±5.3歳) は、奇形発生率、早産率に影響を与えなかった (PMID:19491000)
<被害事例>
・腺筋症と子宮筋腫があるが症状の安定していた55歳女性 (韓国) がブラックコホシュとセイヨウオトギリソウ含有ハーブ製品を17ヶ月間摂取したところ (摂取量不明) 、類内膜腺がんを発症した (PMID:24456461)
・35歳男性 (トルコ) が、不眠のためにセイヨウオトギリソウ抽出物をコップ1杯摂取したところ、不安、動揺、動悸、息切れ、胸部不快感、吐き気、視力喪失、現実感喪失などを伴うパニック発作を起こした。2ヶ月前に摂取した際にも同様の発作を経験しており、セイヨウオトギリソウ摂取によるものと考えられた (PMID:23724349)
・大うつ病の47歳女性 (イタリア) が、服薬により症状が安定したことから、自己判断で薬の服用を止め、セイヨウオトギリソウを10ヶ月間摂取したところ (摂取量不明) 、興奮、不安などの精神障害を呈した。セイヨウオトギリソウの摂取中止により改善したが、その後、セイヨウオトギリソウ、マテ、大麻を含むハーブ製品の摂取を開始し、6ヶ月後に症状の再発、悪化が見られた (PMID:24940966)
・大うつ病の既往歴があるが、安定していた32歳男性 (イタリア) が、セイヨウオトギリソウを4週間摂取したところ (摂取量不明) 、興奮、不安、強い自殺願望などを呈し、双極性障害と診断された (PMID:24940966)
・うつ病の既往歴がある67歳男性 (カナダ) が、セイヨウオトギリソウを600 mg/日 (期間不明) 、その後900 mg/日を4週間、600 mg/日を4週間摂取したところ、不眠、うつ症状の悪化を呈し、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群と診断された (PMID:25203466)
・甲状腺機能低下症の既往歴のある79歳女性 (ブラジル) が、セイヨウオトギリソウ、コパイバ、レボチロキシン、n-3系不飽和脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチンを摂取したところ (摂取量、期間不明) 、黄疸や頻脈を伴う肝障害を生じ、摂取の中止により回復した (PMID:25167337)
・うつ病の40歳女性 (ヨルダン) が、セイヨウオトギリソウ500 mg×2回/日を4週間摂取し、日光の下で長時間働いたところ、冷水で手洗いをする際ピリピリとした感覚を伴う様になり、光毒性感覚神経障害と診断された。セイヨウオトギリソウの摂取中止により症状は改善した (PMID:26693044)
・セイヨウオトギリソウとリファンピシン (抗結核薬) の服用試験に参加していた健康な女性6名中5名 (20〜30歳、ドイツ) が、セイヨウオトギリソウ300 mg/日を14日間、300 mg×3回/日を14日間、600 mg×3回/日を3〜6日間摂取したところ、日光に当たった部分 (特に、手、口や鼻の周り、背中) に違和感や知覚異常、光毒性皮膚炎を生じ、試験終了後12〜16日で改善した。WHO-UMC、Naranjyoスコアのいずれも“probable”であり、男性の参加者 (6名) に同様の症状を生じた者はいなかった (PMID:25963330)

禁忌対象者

調べた文献の中で見当らない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・健康な48歳の女性 (ドイツ) がセイヨウオトギリソウ425 mgを1回/日と、カバカバ200 mgを3回/日、10日間摂取した後、急性自己免疫性肝炎を生じた (PMID:16721710)
・統合失調症でクロザピン500 mg/日の服用により安定していた41歳女性 (オランダ) がセイヨウオトギリソウ900 mg/日を摂取しはじめたところ (摂取期間不明) 、血中クロザピン濃度の低下による症状の悪化がみられ、セイヨウオトギリソウの摂取中止により改善した (PMID:22113252)
・双極性感情障害と診断された25歳女性 (日本) が、デュロキセチン (セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) を服用してから1週間後より、朝食後にセイヨウオトギリソウ含有飲料 (含有量不明) 1 mLを併用したところ、倦怠感、吐き気、食欲不振、微熱などが生じ、動くことが不自由となり、寝たきりの状態となった。自己判断で医薬品および当該製品の摂取を中止したところ、5日後に回復したため、デュロキセチンとセイヨウオトギリソウを併用したことによる精神運動抑制と診断された (2012291259) 。
・健常成人男性16名 (26〜46歳、日本) が、セイヨウオトギリソウ90 mg/日を14日間摂取し、最終日にコレステロール降下剤のプラバスタチン20 mgまたはシンバスタチン10 mgを単回服用したところ、プラバスタチンの薬物動態には影響はなかったが、シンバスタチンの活性代謝物であるシンバスタチン酸と総シンバスタチン (シンバスタチンとシンバスタチン酸の総和) の血漿中濃度時間曲線下面積 (AUC) が減少した (2002165549) 。
・健常成人男性14名 (平均21.1±1.5歳、日本) を対象としたオープンラベル比較試験において、セイヨウオトギリソウ 300 mg×3回/日を14日間摂取させ、14日目のSJW最終摂取時にゾルピデム (睡眠導入剤) 10 mg/回を同時服用させたところ、ゾルピデムの血中濃度時間曲線下面積 (AUC) や最高血中濃度 (Cmax) が減少し、全身クリアランスが増加した (PMID:21058968)
・健常成人男性18名 (平均21.3±1.4歳、中国) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウオトギリソウ325 mg×3回/日を14日間摂取させたところ、ブプロピオン (2012年11月時点で日本では未承認の禁煙補助剤、CYP2B6基質) の血中濃度 (AUC) が減少し、経口クリアランスが増加したことから、CYP2B6を誘導した (PMID:20102294)
・3ヶ月以上経口避妊薬 (ethinylestradiol 0.02 mg、3-ketodesogestrel 0.15 mgを含む) を使用している健康な女性16名 (ドイツ) を対象とした試験において、セイヨウオトギリソウ (hyperforin含量の少ないもの) 250 mg×2回/日を14日間摂取させたところ、ethinylestradiolとketodesogestrelの体内動態にはほとんど影響しなかった (PMID:19015839)
・健康な成人女性18名 (20〜35歳、スイス) を対象とした試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×2回/日または3回/日を1性周期間摂取させたところ、経口避妊薬 (ethinylestradiol 0.02 mg、3-ketodesogestrel 0.15 mgを含む) の排卵抑制効果に影響は認められなかったが、周期内出血の発生頻度が高く、3-ketodesogestrelの血中濃度低下 (Cmax、AUC) が認められた (PMID:14616430)
・クロピドグレル (抗血小板薬、肝臓で活性代謝物に変換されて作用) 低応答者10名 (28〜55歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を14日間摂取させ、クロピドグレル300 mgを投与したところ、血小板凝集能の低下、CYP3A4活性の増加が認められ、同様に冠動脈ステントを受け、クロピドグレル75 mg/日を服用中のクロピドグレル低応答患者20名 (試験群10名、平均59±10歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験においても、血小板反応性の低下と抗血小板作用の増強が認められた (PMID:20980920)
・特定の遺伝素因 (SLCO1B1を持ちCYP2C8*3ノンキャリア) の健常成人男性15名 (19〜24歳、中国) を対象とした無作為化クロスオーバー比較試験において、セイヨウオトギリソウ325 mg×3回/日を14日間摂取させ、15日目にレパグリニド1 mgを単回服用し15分後にグルコース75 gを摂取させたところ、レパグリニドの血中濃度時間曲線下面積 (AUC) や最高血中濃度 (Cmax) 、半減期、血糖低下作用やインスリン増加作用に影響は与えなかった (PMID:21827215)
・CYP2C9代謝能が正常 (9名) または低い (4名) 健康な成人 (平均35±11歳、ドイツ) を対象としたオープンラベル試験において、20日間のうちに、ミダゾラム (鎮静薬) 3 mg×5回、ボセンタン (肺動脈高血圧症薬) を1日目 125 mg/日、2日目62.5 mg×2回/日、3日目以降125 mg×2回/日摂取させ、最後の10日間にセイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を併用させたところ、ミダゾラムのクリアランスが増加したが、ボセンタンのクリアランスに一貫した影響は認められず、CYP2C9代謝能による違いも認められなかった (PMID:24472406)
・健康な成人21名 (19〜37歳、オーストラリア) を対象としたクロスオーバー比較試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を15日間摂取させ、グリクラジド (CYP2C9、2C19基質) 80 mgを単回投与したところ、CYP2C9の遺伝子多型に関わらず、グリクラジドの血中濃度 (AUC、Cmax) および半減期の低下と全身クリアランス (CL/F) の増加が認められたが、糖負荷試験による血糖値、インスリン濃度に影響は認められなかった (PMID:18204476)
・健康な成人男性16名 (平均27±3.4歳、ドイツ) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を15日間摂取させ、ボリコナゾール (CYP2C9、CYP2C19、CYP3A4基質) 400 mgを単回投与したところ、ボリコナゾールの血中濃度 (AUC、Cmax) の低下、半減期の短縮、全身クリアランス (CL/F) の増加が認められ、特にCYP2C19野生型の人でその傾向が強かった (PMID:16003289)
・健康な成人男性12名 (平均21.9±0.9歳、中国) を対象としたクロスオーバープラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を14日間摂取させたところ、CYP2C19代謝能が正常な対象者 (6名) ではCYP2C19活性の亢進が認められたが、代謝能が低い対象者 (6名) では影響は認められなかった (PMID:15145964)
・健康な男女17名 (26〜49歳、イギリス) を対象としたオープンラベルクロスオーバー試験において、セイヨウオトギリソウ600 mg/日を14日間摂取させ、最後の5日間にボセプレビル (C型肝炎治療薬) 800 mg×3回/日を併用させたところ、ボセプレビル単独摂取に比較し、ボセプレビルの血中濃度 (AUC、Cmax) および代謝に影響は認められなかった (PMID:24610312)
・健康な高齢者12名 (平均67±5.2歳、アメリカ) を対象とした臨床試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を28週間摂取させたところ、CYP3A4、CYP2E1の活性を誘導した (PMID:15974642)
・健康な成人男性12名 (20〜40歳、オーストラリア) を対象としたオープンラベルクロスオーバー無作為化比較試験において、セイヨウオトギリソウ3 g/日を14日間摂取させ、ワルファリン25 mgを単回投与したところ、ワルファリンの血中濃度 (AUC) 、半減期、INRの低下と全身クリアランス (CL/F) の増加が認められた (PMID:15089812)
・健康な成人8名 (29〜50歳、アメリカ) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を14日間摂取させたところ、インジナビル (CYP3A4基質) の血中濃度 (AUC、Cmax) を低下させた (PMID:10683007)
・健康な男女各8名 (25〜58歳、スイス) を対象としたオープンラベル試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を14日間摂取させたところ、CYP3A4の誘導が認められ、女性でのみ、CYP1A2の誘導も認められた (PMID:15025748)
・健常成人男性13名 (平均34±6歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ 300 mg×3回/日を14日間摂取させたところ、クアゼパム (睡眠薬:CYP3A4基質) の血中濃度 (AUC、Cmax) を低下させたが、薬効 (Digit Symbol Substitution Test) に影響は与えなかった (PMID:15373933)
・健康な成人12名 (平均28.6±5.5歳、アメリカ) を対象としたオープンラベルクロスオーバー試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を14日間摂取させ、アルプラゾラム (CYP3A4基質) 2 mgを単回投与したところ、アルプラゾラムの血中濃度 (AUC) および半減期の低下と経口クリアランスの増加が認められた (PMID:13129991)
・10名 (詳細不明、アメリカ) を対象としたオープンラベルクロスオーバー比較試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を2週間摂取させたところ、イマチニブ (CYP3A4基質) の血中濃度 (AUC、Cmax) の低下と半減期の短縮が認められた (PMID:15294859)
・健常成人男女20名 (ドイツ) を対象としたオープンラベルクロスオーバー比較試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を10日間摂取させたところ、CYP2C19遺伝子型に関わらず、アンブリセンタン (高血圧薬) の血中濃度 (AUC) が減少し、全身クリアランスが増加した (PMID:25286744)
・健康な成人女性16名 (平均26±3.2歳、アメリカ) を対象とした単盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、セイヨウオトギリソウ300 mg×3回/日を2性周期間摂取させたところ、経口避妊薬 (エチニルエストラジオール20 μg、酢酸ノルエチンドロン1 mg含有) 服用中の出血、卵胞成熟の発生頻度が高く、エチニルエストラジオール、ノルエチンドロンの血中濃度 (AUC) 低下と全身クリアランスの増加が認められた (PMID:15914127)
<試験管内・動物>
・動物実験 (ラット肝臓の灌流実験系) において、CYP2D2、CYP3A2の誘導とCYP2C6、CYP1A2の阻害が認められた (PMID:16125735) (PMID:22286810)
・動物実験 (ラット) において、セイヨウオトギリソウとメトトレキサートの同時経口摂取は、メトトレキサートの血中濃度を増加させた (PMID:22699020)
・in vitro試験 (ヒト肝細胞) において、セイヨウオトギリソウ抽出物はCYP1A2とCYP3A4活性を誘導し、高濃度ではCYP1A2活性を阻害した (PMID:17214607)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、セイヨウオトギリソウ、ブラックコホシュ、ショウガはタモキシフェン (CYPの基質) 、イリノテカン (carboxyesteraseの基質) の代謝を阻害した (PMID:23738729)
・in vitro試験 (スーパーソーム、ヒト肝ミクロソーム) において、セイヨウオトギリソウはCYP2C9活性を阻害した (PMID:24730468)
・in vitro試験 (ヒトCYP3A4 タンパク、Caco-2細胞) において、セイヨウオトギリソウ抽出物はCYP3A4、P-糖タンパク質の活性を阻害した (PMID:18331390)
・in vitro試験 (ヒト肝由来細胞) において、セイヨウオトギリソウ抽出物はCYP1A2、CYP2D6のmRNA発現を誘導した (PMID:26612349)
<理論的に考えられる相互作用>
・セイヨウオトギリソウは薬物代謝酵素であるCYPを誘導するため、 多くの薬剤との相互作用が知られている (94) (PMID:15260917) (PMID:15916450) (PMID:18367983)
・セロトニン様作用のあるハーブやジギタリス、チラミン含有食品との相互作用が知られている (94) 。
・臨床検査において、プロトロンビン時間 (血液凝固時間) 、甲状腺刺激ホルモンなどの値に影響を与えることがある (94) 。
・アルツハイマー症、二極性障害、抑うつ、統合失調症の患者において、また麻酔下ではセイヨウオトギリソウ摂取が影響を与えることがある (94) 。
<その他>
・日本では2000年5月、厚生省がセイヨウオトギリソウと医薬品との相互作用について医薬品等安全性情報で注意喚起を行った。薬物代謝酵素[CYP、特にCYP3A4及びCYP1A2]が誘導され、インジナビル (抗HIV薬) 、ジゴキシン (強心薬) 、シクロスポリン (免疫抑制薬) 、テオフィリン (気管支拡張薬) 、ワルファリン (血液凝固防止薬) 、経口避妊薬の効果が減少する可能性がある (厚生省ホームページより抜粋 (101)) 。

動物他での
毒性試験

・in vitro試験 (ヒト肝由来細胞) において、セイヨウオトギリソウ抽出物は10μMで細胞毒性を示した (PMID:26612349)

AHPAクラス分類
及び勧告

・クラス2d (22) 。危険情報の項目を参照。

総合評価

安全性

・妊婦の摂取は使用すべきでない。また授乳中の摂取は、乳児が腹痛、嗜眠状態 (うとうとすること) 、傾眠になる可能性があるため使用を避ける。
・人によって、不眠、落ち着きのなさ、不安、動揺、いらつき、胃腸の不快感、疲労感、口渇、めまい、頭痛、皮膚のかゆみ、錯覚、遅延性過敏反応などの副作用が見られる場合がある。
・薬物代謝酵素 (特にCYP3A4及びCYP1A2) が誘導され、インジナビル (抗HIV薬) 、ジゴキシン (強心薬) 、シクロスポリン (免疫抑制薬) 、テオフィリン (気管支拡張薬) 、ワルファリン (血液凝固防止薬) 、経口避妊薬などの薬の効果が減少する可能性がある。
・セロトニン様作用のあるハーブやジギタリス、チラミン含有食品との相互作用が知られている。
・アルツハイマー症、二極性障害、抑うつ、統合失調症の患者において、また麻酔下ではセイヨウオトギリソウ摂取が影響を与えることがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・抽出物は、軽症あるいは中等症の抑うつに対してはおそらく有効である。また、不安症に対し、有効性が示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(25) クリニカル・エビデンス日本語版 日経BP社 日本クリニカル・エビデンス編集委員会
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(64) 健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳
(65) Cochran Library
(PMID:8646329) J Chromatogr A. 731(1-2): 336-339, 1996.
(PMID:10202973) J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 1999  724(1):195-8.
(PMID:12153829) Am J Psychiatry. 2002 Aug;159(8):1361-6
(PMID:12424553) Psychopharmacology (Berl). 2002 Nov;164(3):294-300.
(PMID:12807340) Phytomedicine. 2003;10 Suppl 4:31-7.
(101) 厚生労働省ホームページ(http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1205/h0510-1_15.html)
(PMID:16721710) Dtsch Med Wochenschr. 2006 May 26;131(21):1214-7.
(PMID:15260917) J Psychopharmacol. 2004 Jun;18(2):262-76
(PMID:15916450) Drugs. 2005;65(9):1239-82
(2002165549) 臨床薬理.2002;33(1):5S-6S
(2006184712) 東京都健康安全研究センター研究年報.2005;56:87-91
(PMID:18544723) JAMA. 2008;299(22):2633-41.
(PMID:18367983) Ther Drug Monit. 2008 Apr;30(2):212-7.
(PMID:18331283) J Oral Pathol Med. 2008 Aug;37(7):395-401.
(PMID:18791483) Menopause. 2009 Jan-Feb;16(1):156-63.
(PMID:19015839) Eur J Clin Pharmacol. 2009 Mar;65(3):287-294.
(PMID:18843608) Cochrane Database Syst Rev. 2008 Oct 8;(4):CD000448.
(PMID:19090505) Hum Psychopharmacol. 2009 Jan;24(1):41-8.
(PMID:19491000) Reprod Toxicol. 2009 Jul;28(1):96-9.
(PMID:19895314) Curr Eye Res. 2009 Oct;34(10):863-6.
(66) Pharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database(2006)
(PMID:19809408) Am J Gastroenterol. 2010 Jan; 105(1):170-7.
(PMID:20590478) J Altern Complement Med. 2010 Jul;16(7):761-7.
(PMID:21058968) J Clin Pharm Ther. 2011 Dec;36(6):711-5.
(PMID:21632064) J Psychiatr Res. 2011 Jul;45(7):931-41.
(PMID:20980920) J Cardiovasc Pharmacol. 2011 Jan;57(1):86-93.
(PMID:21827215) Clin Pharmacokinet. 2011 Sep 1;50(9):605-11.
(PMID:16125735) Life Sci. 2005 Dec 5;78(3):239-44.
(PMID:22286810) Biomed Pap Med Fac Univ Palacky Olomouc Czech Repub. 2011 Sep;155(3):253-7.
(PMID:22113252) Int Clin Psychopharmacol. 2012 Mar;27(2):121-4.
(2012291259) 精神科治療学.2012.27(4):529-31.
(PMID:22699020) Toxicol Appl Pharmacol. 2012 Aug 15;263(1):39-43.
(PMID:20102294) Xenobiotica. 2010 Apr;40(4):275-81.
(PMID:17214607) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2007 Jan;100(1):23-30.
(PMID:23089215) Homeopathy. 2012 Oct;101(4):204-10.
(PMID:23724349) Prim Care Companion CNS Disord. 2013;15(1). pii: PCC.12l01453.
(PMID:23738729) J Pharm Pharmacol. 2013 Jul;65(7):1014-25.
(PMID:24456461) J Obstet Gynaecol. 2014 Feb;34(2):213-4.
(PMID:24472406) Int J Clin Pharmacol Ther. 2014 Apr;52(4):328-36.
(PMID:24610312) J Antimicrob Chemother. 2014 Jul;69(7):1911-5.
(PMID:24940966) Int J Psychiatry Clin Pract. 2006;10(2):146-8.
(PMID:24730468) J Pharm Pharmacol. 2014 Sep;66(9):1339-46.
(PMID:24402784) Cochrane Database Syst Rev. 2014 Jan 8;1:CD000031.
(PMID:15974642) Drugs Aging. 2005;22(6):525-39.
(PMID:15089812) Br J Clin Pharmacol. 2004 May;57(5):592-9.
(PMID:10683007) Lancet. 2000 Feb 12;355(9203):547-8.
(PMID:18204476) Br J Pharmacol. 2008 Apr;153(7):1579-86.
(PMID:16003289) Clin Pharmacol Ther. 2005 Jul;78(1):25-33.
(PMID:15145964) J Clin Pharmacol. 2004 Jun;44(6):577-81.
(PMID:15025748) Br J Clin Pharmacol. 2004 Apr;57(4):495-9.
(PMID:15373933) Br J Clin Pharmacol. 2004 Oct;58(4):403-10.
(PMID:14616430) Br J Clin Pharmacol. 2003 Dec;56(6):683-90.
(PMID:13129991) JAMA. 2003 Sep 17;290(11):1500-4.
(PMID:15294859) Blood. 2004 Aug 15;104(4):1229-30.
(PMID:18331390) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2008 May;102(5):466-75.
(PMID:25203466) J Clin Psychopharmacol. 2014 Dec;34(6):759-60.
(PMID:25167337) Einstein (Sao Paulo). 2014 Sep;12(3):355-7.
(PMID:25286744) Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2015 May;116(5):423-8.
(PMID:25988866) Clin Exp Pharmacol Physiol. 2015 Jul;42(7):747-51.
(PMID:26612349) Life Sci. 2016 Jan 1;144:30-6.
(PMID:26693044) Prim Care Companion CNS Disord. 2015 Aug 20;17(4).
(94) Natural medicines
(PMID:15914127) Contraception. 2005 Jun;71(6):402-8.
(PMID:25963330) Arch Toxicol. 2016 Apr;90(4):1013-5.