ニューヨーク保健精神衛生局が鉛および水銀を含む中国産漢方薬を使用しないように警告(060622)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

2006年6月15日、ニューヨーク市保健精神衛生局(DOHMH:Department of Health and Mental Hygiene)が鉛および水銀を含む中国産漢方薬を使用しないように警告しています。 詳細はこちら→ニューヨーク市保健精神衛生局

注意が呼びかけられている高濃度の鉛および水銀を含有する中国産漢方薬は以下の2製品です。

・Emperor's Tea Pill (Concentrated) [Tian Huang Bu Xin Wan] 天王補心丸(濃縮中薬丸)
 表記:「体のナチュラルバランスを維持する」
 含有量:鉛 5,400 ppm、水銀 950 ppm

・Hepatico Extract (Concentrated) [Shu Gan Wan] 舒肝丸(濃縮中薬丸)
 表記:「健康な肝臓のために」
 含有量:鉛 1,100 ppm、水銀 3,600 ppm。



(いずれもLanzhou Traditional Herbs製)


鉛および水銀の含量に関しては特別な連邦規格はありませんが、米国医学研究所の食品栄養委員会では、食品添加物について鉛は2 ppm、水銀は1 ppmを超えないよう推奨しています。

DOHMHは販売業者に対し、直ちに販売停止するよう求め、消費者にはこれらの製品の使用を直ちに中止して医師に血中鉛や尿中水銀濃度の検査を依頼するよう助言しています。

鉛の毒性としては、腹痛、貧血、高血圧、頭痛、全身倦怠、脳や腎臓の障害などがあり、死に至ることもあります。また、水銀の毒性としては、被刺激性、振せん、記憶障害、不眠、集中力の低下、継続的な脳や腎臓の障害を引き起こします。高濃度の鉛や水銀の摂取は重大な健康被害につながり、小児はその影響を受けやすいことから特に注意する必要があります。

海外からいろいろなサプリメント等が容易に輸入できる状況になっています。国外から個人輸入される商品の中には、国内では認められていない医薬品を違法に添加したものがあります。外国製の製品の入手についての参考として下記のサイトを参照して下さい。
健康食品や外国製医薬品、化粧品等と上手につきあうために(厚生労働省作成2006年版)

※この情報は、国立医薬品食品衛生研究所安全情報部発行「食品安全情報」を転載したものです(1)。

参考文献

(1) 国立医薬品食品衛生研究所安全情報部発行 「食品安全情報」No.13(2006年)