米国FDAがステロイドを含む健康食品について警告(20060314)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

米国FDAがステロイドを含む健康食品について警告(20060314)

2006年3月9日、米国FDAはダイエタリーサプリメントとして販売されている、違法なステロイド製品の製造・販売停止を警告しました。FDAの承認なしにこれらの製品の流通や販売を継続した場合、押収や差止め命令を含む法的措置を講ずるとしています。
また、消費者に対し、下記の製品を使用している人は、使用を中止し購入店に返却するよう、呼びかけています。

該当製品は、Anabolic Xtreme Superdrol (Anabolic Resources LLC社製造、Supplements To Go社販売)とMethyl-1-P (Legal Gear社製造、Affordable Supplements社販売)です。

米国FDAは、このような筋肉増強や同化作用を謳ったステロイド製品の使用は、長期にわたる深刻な健康被害を引き起こす可能性があると懸念しています。蛋白同化ステロイドに関連した問題としては、肝毒性・精巣萎縮および男性の不妊症・女性の男性化・男性の女性化乳房・小児の低身長・血中脂質濃度への悪影響・心臓発作や脳卒中のリスク上昇などがあります。

詳細はこちら→米国FDAのサイト


日本国内においても、類似の製品が個人輸入代行などにより流通している形跡があります。過去の類情報や健康食品等を個人輸入するときの注意事項について下記を参照して下さい。

・過去の類似情報
カナダ保健省が合成ステロイドを含む健康食品について警告(20060210)

・個人輸入の際の注意事項
「外国製医薬品、化粧品等と上手につきあうために(厚生労働省作成)」を参照して下さい。