健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

プラセンタ、胎盤 [英]Placenta [学名]-

概要

プラセンタは哺乳類の胎盤で、母体の子宮内腔に形成され母体と胎児の臍帯を連絡する器官である。呼称が類似した成分として、魚の卵巣膜より抽出した『海洋性プラセンタ』『マリンプラセンタ』、植物の胎座(placenta)より抽出した『植物性プラセンタ』などがあるが、ここでは哺乳類の胎盤について扱う。プラセンタは胎児へ酸素や生育に必要な栄養素を供給したり、母体へ老廃物をわたす機能のほかに、造血、タンパク質合成、ホルモン分泌なども行う。ヒト由来のプラセンタは「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」となっており食品には使えない。そのため健康食品の素材として利用されているのはウシ、ブタ、ヒツジ、ウマのプラセンタで、ブタあるいはウマ由来のプラセンタエキスが多い。俗に、「更年期障害によい」「冷え性によい」「貧血によい」「美容によい」「強壮・強精によい」などと言われているが、ヒトにおける有効性については調べた文献中に十分なデータが見当たらない。プラセンタエキスには、様々な有効成分が含まれているとされているが、活性成分の本体は明確になっていない。プラセンタエキスに含まれている成分の中には経口摂取して消化管で分解されるものもある。有害影響として、アレルギー、薬剤性肝障害を起こした事例が報告されている。また、プラセンタエキスは、感染のない健康な家畜から採取して衛生的に製造加工されていることなど、原材料や製品としての衛生管理に留意する必要がある。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。