健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

プラセンタ、胎盤 [英]Placenta [学名]-

概要

プラセンタは哺乳類の胎盤で、母体の子宮内腔に形成され母体と胎児の臍帯を連絡する器官である。胎児へ酸素や生育に必要な栄養素を供給したり、母体へ老廃物をわたす機能のほかに、造血、タンパク質合成、ホルモン分泌なども行う。健康食品の素材としてはウシ、ブタ、ヒツジの胎盤があるが、最近利用されているのはブタ由来の胎盤が殆どである。俗に、「更年期障害によい」「冷え性によい」「貧血によい」「美容によい」「強壮・強精によい」などと言われている。ヒトにおける安全性・有効性については調べた文献に十分なデータが見当たらない。アレルギー、薬剤性肝障害を起こした事例が報告されている。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・ヒト由来の胎盤 (紫河車<シカシャ>) は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」、ウシ、ヒツジ、ブタ由来の胎盤は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・タンパク質、アミノ酸、糖質、ビタミン、核酸、ミネラル、生理活性成分を含む。

分析法

・ウラシル、チロシン、フェニルアラニンが紫外可視検出器 (検出波長210 nm) を装着したHPLCにより分析され、NMR、FAB-MSにより同定された報告がある (2000194487) 。トリプトファンを蛍光検出器 (励起波長285 nm、蛍光波長345 nm) を装着したHPLCにより分析した報告がある (PMID:12026186)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<被害事例>
・小児ぜんそくとアトピー性皮膚炎の既往歴がある22歳男性 (日本) が、プラセンタエキスを含む製品を摂取したところ (詳細不明) 、掻痒性皮疹が出現。プラセンタエキスのスクラッチパッチテストおよび内服誘発試験が陽性であったため、プラセンタエキスを含む健康食品により増悪した成人型アトピー性皮膚炎と診断された (2002185402) 。
・ホルモン剤 (メサルモン-F錠) 、ミノマイシンを服用していた41歳女性 (日本) が、月2回、3ヶ月程度プラセンタ注射を受けところ、食欲不振、全身倦怠感、黄疸が生じて医療機関を受診し、リンパ球刺激試験でプラセンタが陽性であったため、プラセンタが原因と考えられる薬剤性肝障害と診断された (2005067596) 。
・41歳女性 (日本) が、プラセンタエキスを20 mg×2回/日、10日間摂取したところ、眼瞼に紅斑が出現した後、プラセンタエキス摂取量を40 mg×2回/日に増量し、併せてプラセンタエキスを含む美容液の外用したところ、全身の紅斑および下腿の浮腫が出現。5ヶ月後に摂取および外用を中止したところ、症状が軽快した。パッチテストにおいてプラセンタエキスが陽性であったため、プラセンタエキスによる接触皮膚炎と診断された (1999153699) 。
・70歳女性 (日本) が、3年前より若返りを目的としてプラセンタエキスを経口摂取 (摂取量等の詳細不明) および1回/週の皮下注射を行っていたところ、初診の2ヶ月前より両下腿に皮膚硬化が生じ、次いで腹部、胸部、腰部、上肢まで拡大した。皮下注射部位には皮膚硬化は見られなかったが、プラセンタエキスの摂取および注射を中止し、薬物治療により回復したため、プラセンタエキスの関与が疑われる全身性斑状強皮症と診断された (2009349680) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・ヒトに対する安全性については、調べた文献に十分なデータが見当たらない。アレルギー、薬剤性肝障害を起こした事例が報告されている。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ヒトにおける有効性については、調べた文献に十分なデータが見当たらない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:12026186) J Nutr Sci Vitaminol. 2002; 48(1): 36-9
(2000194487) J Health Sci. 2000; 46(2): 117-25.
(2005067596) 肝臓 45 Suppl.3: A605, 2004
(1999153699) 日本皮膚科学会雑誌 109: 197-198, 1999
(2009349680) 皮膚科の臨床.2009;51(9):1137-40
(2002185402) 皮膚 43 Suppl.23: 53-57, 2001
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 東京堂出版 林真一郎ら 監訳