健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

アガリクス (別名:メマツタケ、カワリハラタケ、ヒメマツタケ) [英]Agaricus [学名]Agaricus blazei Murill

概要

アガリクスは、地面から生え、柄が長くて太く、香りが強いキノコの一種である。アカリクス写真・別名としてアガリクス・ブラゼイ/ヒメマツタケがある。1965年にブラジルより移入されて以来、人工栽培されるようになったが、菌株、栽培条件や産地により、その特性や含有成分が異なる。俗に、「抗がん効果がある」「免疫力を高める」などといわれ、アガリクスと名のつく健康食品も数多くみられるが、ヒトでの有効性と安全性については信頼できるデータが見当たらない。わが国におけるがん患者の多くが代替療法の一つとしてアガリクスを利用していることを報告しているとの調査がある。アガリクスは食経験がなく歴史的に浅い素材であり原材料や製品でかなり品質に差異があるため、厚生労働省から注意喚起されている。アガリクス含有製品には、製品により品質に大きな違いがあることから、厚生労働省のアガリクス (カワリハラタケ) を含む製品に関するQ&Aには、「製品毎の安全性については、その製品の製造者・販売者に問い合わせるなどしていただき、慎重に判断してください」と記載されている。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・アガリクス (アガリクス・ブラゼイ/ヒメマツタケ) 子実体は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・他のキノコに比べて粗タンパク質が43%と多い。多糖類、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、ビオチン、パントテン酸、葉酸、アミノ酸、ビタミンD、マグネシウム、カリウムなどを含むとの報告があるが、成分含量は、菌株、栽培条件や産地によって異なる。
・ヒメマツタケ抽出物や市販アガリクス製品に含まれるβ-グルカン量は製品により差がある (2005215401) 。
・ヒメマツタケ中のアガリチン含量は、乾燥重量で500〜5,000 mg/kgとの報告がある (PMID:19680875)
・アガリクス含有製品の品質は、製品により大きく異なるため、自主ガイドラインによりヒトでの過剰摂取試験を義務付ける等が実施された製品もある。

分析法

・アガリクスは他のキノコ製品・酵母製品と同様にβ-D-グルカンを含有している。β-D-グルカンの構造特性や分子量分布はキノコの種類により大きく異なり、その構造と活性の関連については一致した見解が得られていない。特異検出キットによるキノコ中β-グルカン総量が測定されている (2005215401) 。アガリクス特有のβ-D-グルカンに関しては構造決定に関する報告がある (PMID:12204626)
・ビタミンD前駆物質であるエルゴステロールについてはガスクロマトグラフ質量分析装置 (GC-MS) を用いた分析法の報告がある (PMID:9872771)
アガリチンとその誘導体の分析方法として、HPLC-蛍光検出法 (PMID:16755074) ならびにLC-エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析法 (PMID:17071520) がある。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中で見当らない。


消化系・肝臓

調べた文献の中で見当らない。

糖尿病・
内分泌

RCT
・II型糖尿病に1年以上罹患しており、グリクラジドおよびメトホルミンを6ヶ月以上摂取している中国人60名 (摂取群29名、平均57.0歳、中国) を対象とした無作為化二重盲検試験において、1,500 mg/日のアガリクス抽出物 (含有成分は不明) を12週間摂取させたところ、摂取前と比較して空腹時の血清中HbA1c、インスリン濃度、インスリン抵抗性が低値を示し、血漿アディポネクチン濃度が上昇したという予備的な報告がある (PMID:17309383)

生殖・泌尿器

調べた文献の中で見当らない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中で見当らない。

免疫・がん・
炎症

RCT
・健常成人8名 (平均22.3歳) を対象とした二重盲検クロスオーバー試験において、アガリクス (A.brasiliensis KA21) を3 g/日、7日間摂取させたところ、摂取前と比較してK562細胞に対するNK活性が増加したという予備的な報告があるが、対象が少人数で検定は摂取前後で実施しておりこの現象については、さらなる検証が必要である (107) 。
・抗がん剤治療を受けている子宮がん、卵巣がんの女性100名 (26〜79歳、試験群39名、韓国) を対象とした無作為化プラセボ比較試験において、品質管理されたアガリクスを摂取させたところ、NK細胞の有意な活性化が認められ、抗がん剤の副作用 (食欲不振、脱毛、全身脱力感など) が軽減されたが、他の免疫細胞に影響は認められなかった (PMID:15304151) 。この現象についてはさらなる検証が必要である。
・健康な高齢女性57名 (試験群28名、平均70.4±6.3歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アガリクス乾燥抽出物900 mg/日を60日間摂取させたところ、BMI、腹囲、血圧、血中サイトカインレベル (IL-6、IFN-γ、TNF-α) に影響は認められなかった (PMID:22010847)

骨・筋肉

調べた文献の中で見当らない。

発育・成長

調べた文献の中で見当らない。

肥満

一般情報
・健常成人12名 (平均45.3歳) を対象に、アガリクス (A.brasiliensis KA21) を3 g/日、3ヶ月間摂取させたところ、摂取前と比較して体重、BMI、体脂肪率、内臓脂肪率、血糖値の低下がみられたという予備的な報告があるが、この現象については、さらなる検証が必要である (107) 。

その他





試験管内・
動物他での
評価

・Agaricusの熱水抽出物をマウスに経口投与した場合、脾臓細胞中のThy1.2 (pan T cells) 、L3T4 (CD4、helper T cells) およびLyt2 (CD8、cytotoxic T cells) 陽性の細胞集団の割合が有意に増加した (PMID:9571772)
・マウスにおいて、double-grafted tumor systemを用い、アガリクス子実体の酸処理画分 (ATF) で原発性腫瘍 (primary tumor) を処理したところ、抗腫瘍活性の著しく上昇したNK細胞が、腫瘍部位へ浸潤した。また、ATFは、試験管内においてアポトーシス誘導によって腫瘍細胞の増殖を直接抑制した (PMID:9625538)
・一部のアガリクス製品には、カドミウムの含有量が高いものが見られたが、自主的な基準等を持って対応がはかられている (104) 。
・腫瘍モデルマウス (n=10) にアガリクス (A. blasiliensis KA21) の冷水抽出物 (2 mg) を35日間経口投与したところ、腫瘍増殖の抑制、TNF-αの増加抑制、GOT上昇の抑制がみられたという予備的な報告がある (107) 。

安全性

危険情報

<一般>
・安全性に関して信頼できる十分なデータは見当たらない。
・健常成人11名 (平均43.6歳) にアガリクス (A.brasiliensis KA21) を9 g/日、6ヶ月間摂取させたところ、体調、肝機能、腎機能に変化は無く、有害事象は認められなかったという予備的な報告がある (107) 。
<被害事例>
・ヒメマツタケとの関連が疑われる肝障害が3例 (日本) 報告されている (PMID:17105737)
症例1:66歳女性の卵巣がん患者 (ステージIIIC) (術後シスプラチンとシクロホスファミドの化学療法中、アレルギー歴は不明) がアガリクスを使用し、発熱および肝機能マーカー (AST、ALT、総ビリルビン) の上昇が見られ肝炎と診断され、アガリクス使用中止により肝機能は正常値に回復した。
症例2: 58歳女性の乳がん患者 (ステージIIIA) (9ヶ月前に右の乳腺切除を行い3ヶ月前までシクロホスファミド、ドキソルビシン、5FUの化学療法を受診) が入院数日前よりアガリクス抽出物を摂取していたが疲労のため入院し、AST、ALT、総ビリルビン、プロトロンビン時間の上昇が見られ、急性肝炎と診断され、入院後7日間で劇症肝炎のため死亡した。
症例3: 48歳女性の骨転移した乳がん患者 (ドキソルビシンとシクロホスファミドの化学療法中、B型肝炎ウイルス保有) が入院数日前よりアガリクス抽出物を摂取し、食欲不振、吐き気及び嘔吐などを訴え、肝機能異常 (AST、ALT、総ビリルビン値の上昇) のため入院したが、6日後劇症肝炎のため死亡した。

・アガリクス含有製品摂取との因果関係が疑われる健康被害が多数報告されている。
1) 胃十二指腸潰瘍と鉄欠乏性貧血のある55歳女性 (日本) がアガリクスを摂取したところ、ALP、γ-GTP値が上昇した (2005013083) 。
2) 健康食品として3ヶ月間アガリクスを摂取した52歳女性 (日本) で、全身掻痒感、眼球結膜の黄染と褐色尿を認めた (2004252918) 。
3) 未承認医薬品や健康食品により肝障害を発症した31名 (24〜73歳、うち男性2名、妊婦3名、日本) のうち、アガリクスが原因 (服用期間214日間) の症例が1名で確認され、後に悪性胸腺腫により死亡した (2004149979) 。
4) 40〜69歳の胆石患者 (性別不明、日本) 又は子宮頸がん患者がアガリクスを摂取したところ、肝細胞障害となった (2004263248) 。
5) 脳梗塞、肺小細胞がん、冬季の皮脂欠乏性皮膚炎の罹患歴のある73歳男性 (日本) が、肺小細胞がん加療中に激しい掻痒を伴う紅斑をおこし、半年ほど前から継続していた乾燥アガリクス50 gを1.8 Lの焼酎に漬け込んだもの (約30 mL/日) の飲用を中止したところ症状が劇的に改善した (2004276900) 。
6) C型慢性肝炎、肝臓がん、慢性甲状腺炎の既往歴がある68歳男性 (日本) が肝臓がん加療中アガリクスを2週間摂取後に呼吸困難をおこし、アガリクス摂取を中止し、ステロイド剤を投与して初めて、自覚症状が改善した (2004125341) 。
7) 十二指腸潰瘍、多発脳梗塞の既往歴があり、入院前日よりアガリクスを含むいわゆる健康食品を16日間継続摂取した72歳男性 (日本) が、肺がん切除後に呼吸困難をおこし、17日目より摂取を中止したところ、徐々に症状が改善した (2005001969) 。
8) 糖尿病のため経口血糖降下薬を服用していた58歳女性 (日本) がアガリクス含有食品を1ヶ月程度摂取 (アガリクスとして1日量2.91 g) したところ、急激な血糖の上昇と顔面・両上肢に皮疹が出現した (2006138431) 。
9) 60歳代男性 (日本) が乾燥アガリクスの煎じ液を約6ヶ月後飲用したところ、口唇に乾燥感・亀裂・落屑性変化・腫脹・小水疱が出現し、アレルギー性接触性口唇炎と診断された (2006209905) 。
10) 直腸のマントル細胞リンパ腫の既往症のある63歳男性 (日本) がアガリクスを摂取後、約1ヶ月で両手足の異常感覚が出現し、多発性神経障害と診断された (2006113539) 。
11) 悪性黒色腫の摘出手術を行った43歳女性 (日本) が術後からアガリクスを摂取したところ、転移がないにも係わらず血中5-S-CD (メラニン関連代謝物5-S-cysteinyldopaで悪性黒色腫腫瘍マ−カ−) が高値となった (2006035857) 。
12) 右手指の悪性黒色腫で1年間β-インターフェロン治療中の77歳女性 (日本) がアガリクス製品を摂取したところ (摂取量、摂取期間など不明) 、他臓器やリンパ節などへの転移や再発はみられないにも係わらず、血中5-S-CD (5-S-cysteinyldopa;メラニン関連代謝物、悪性黒色腫腫瘍マ−カ−) が高値となったが、アガリクス製品摂取中止1ヶ月後に正常値に戻った (PMID:20649730)
13) 74歳女性 (日本) が健康増進を目的にヒメマツタケ含有健康食品を摂取したところ (摂取量、期間不明) 、2ヶ月前より全身性皮疹、体重減少、食欲不振、1日前より嘔吐、食事摂取困難を生じI型糖尿病によるケトアシドーシスと診断された。ヒメマツタケの摂取中止により再発はしてない (2010342411) 。

・72歳男性 (日本) が高β-D-グルカン血症を呈し、強力な抗真菌薬治療で改善が見られず、飲用していたアガリクス茸抽出液の摂取中止により改善した。また、健常成人9名 (24〜53歳 にアガリクス茸顆粒2 g×2回/日を3日間摂取させたところ、1名のみが4日目に血中β-D-グルカン濃度の上昇が認められた (PMID:18154438) 。深在性真菌症の診断と治療法の選択、治療効果の判定のために実施される血液中β-D-グルカン (β-G) の測定に、アガリクス茸成分や他の真菌成分を含む健康食品の服用が影響する可能性がある。
・がん治療を受け、経過観察中の泌尿器科がん患者49名および婦人科がん患者32名 (日本) を対象に、アガリクスを1.8〜5.4 g/日、6ヶ月間摂取させたところ、10名で腹部不快感、吐き気、手の震え、皮疹、肝機能障害、下痢、腸閉塞などの有害事象が認められた。また、NK活性の低下が認められた (2010017845) 。

禁忌対象者

調べた文献の中で見当らない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・in vitro試験において、ヒメマツタケによるCYP3A4阻害作用が報告されている (PMID:19170155)
・動物実験 (マウス) において、アガリクス多糖類の腹腔内投与は肝臓のCYP1A発現および活性を抑制した (PMID:12224654)

動物他での
毒性試験

・食品添加物であるヒメマツタケの水抽出物 (Agaricus blazei Murrillの菌糸体および子実体より水で抽出して得られたもの) をラットに投与し、90日間反復投与毒性試験を行った報告では、ヒメマツタケ水抽出物のNOAEL (無毒性量) は食餌中に5%、すなわち2,654 mg/kg/日 (雄) 、2,965 mg/kg/日 (雌) であった (PMID:15833380)
・ヒメマツタケ (Agaricus blazei Murrill) の水抽出物をラットに胃内投与した13週間の亜慢性試験において、NOAEL (無毒性量) は1,000 mg/kg/日で、遺伝毒性は認められなかった (PMID:18353517)
・雌雄のF344ラットにアガリクス (Agaricus blazei Murill) 凍結乾燥粉末を2年間混餌投与した慢性毒性と腫瘍発生に関する研究において、腫瘍発生を含めた有害影響は認められず、食事としてのNOAEL (無毒性量) は25,000 ppm (雄1,176 mg/kg体重/日、雌1,518 mg/kg/日) であった (PMID:17707568)
・雄F344ラットを用い、多臓器イニシエーション (DMBDD) 処置を行った中期多臓器発がん性試験において、アガリクス (Agaricus blazei Murill) 子実体の抽出物 (GABA 12.0 mg/kg含有) の24週間、胃内投与では、発がん促進作用は示されなかった (PMID:19879310)
・アガリチンには遺伝毒性のあることが動物実験において示されている (PMID:7737599) 。そのメカニズムは、アガリチンが先ず4-(hydroxymethyl)phenylhydrazineに代謝され、さらに反応性の高いジアゾニウムイオンに代謝されることが関連していると考えられている (PMID:9276636)
・トランスジェニックラット (Big Blue) を用いた反復経口投与試験においてアガリチンは遺伝子突然変異を誘起しない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ヒトに対する有効性については参考になる十分なデータは見当たらない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(2005215401) 東京都立衛生研究所研究年報. 2002; 53: 165-168.
(PMID:12204626) Carbohydr Res. 2002 Sep 3;337(15):1417-21.
(PMID:9872771) Appl Environ Microbiol. 1999 Jan;65(1):138-42.
(104) 「担子菌類中の有害物質の評価に関する研究」(平成16年度厚生労働科学研究報告書)
(PMID:15833380) Food Chem Toxicol. 2005 Jul;43(7):1047-53.
(PMID:17105737) Jpn J Clin Oncol. 2006 Dec;36(12):808-10.
(2005013083) 老年消化器病. 2004; 16(2):101-7
(2004276900) 皮膚病診療. 2004; 26(8):967-70
(2004252918) Minophagen Medical Review. 2004; 49(3):176-8
(2004149979) 肝臓. 2004; 45(2):96-108
(2004125341) 日本胸部臨床. 2003; 62(11):1027-31
(2005001969) 肺癌. 2004; 44(3):167-71
(2004263248) 肝・胆・膵. 2004; 48(6):747-55
(107) eCAM. 2008; 5: 205-19
(PMID:17309383) J Altern Complement Med. 2007 Jan-Feb;13(1):97-102.
(2006138431) プラクティス.2006;23(1):89-92
(2006113539) 臨床神経学.2006;46(1):67
(2006035857) 臨床皮膚科.2005;59(10):1013-5
(2006209905) 皮膚の科学.2006;5(1):102
(PMID:16755074) Chem Pharm Bull (Tokyo). 2006 Jun;54(6):922-4.
(PMID:17071520) Food Addit Contam. 2006 Nov;23(11):1179-86.
(PMID:7737599) Food Chem Toxicol. 1995 Apr;33(4):257-64.
(PMID:9276636) Carcinogenesis. 1997 Aug;18(8):1603-8.
(PMID:17707568) Food Chem Toxicol. 2008 Jan;46(1):87-95.
(PMID:9571772) Biosci Biotechnol Biochem. 1998 Mar;62(3):434-7
(PMID:18154438) Rinsho Biseibutshu Jinsoku Shindan Kenkyukai Shi. 2007;18(2):103-7.
(PMID:18353517) Food Chem Toxicol. 2008 Jun;46(6):1949-59.
(PMID:19170155) Phytother Res. 2009 Jul;23(7):906-12.
(PMID:19879310) Food Chem Toxicol. 2010 Jan;48(1):402-8.
(PMID:20649730) J Dermatol. 2010 Aug;37(8):773-5.
(PMID:15304151) Int J Gynecol Cancer. 2004 Jul-Aug;14(4):589-94.
(PMID:22010847) Scand J Immunol. 2012 Mar;75(3):336-41.
(2010342411) 糖尿病.2010;53(8):647.
(2010017845) 西日本泌尿器科.2009;71:144.
(PMID:19680875) Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess. 2009 Jan;26(1):82-93.
(PMID:9625538) Cancer Immunol Immunother. 1998 May;46(3):147-59.
(PMID:12224654) Biosci Biotechnol Biochem. 2002 Jul;66(7):1610-4.
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳