健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

アミグダリン、レートリル、レトリル [英]Amygdalin、 laetrile [学名]-

概要

アミグダリンはレートリル (レトリル) とも呼ばれ、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、アーモンド (ハタンキョウ) 、ビワなどのバラ科サクラ属植物の未熟果実の種子にある仁 (じん、カーネル) に含まれる主要なシアン化物産生性配糖体である。咀嚼、消化の過程で有毒なシアン化物を産生する。未熟な果実の果肉や葉、樹皮にも微量含まれている。過去にアミグダリンをビタミンB17と呼び、ビタミンとする主張があったが、この説は現在では否定されている。これはアミグダリンが生体の代謝に必須な栄養素ではなく、また欠乏症も報告されていないためビタミンの定義には該当しないためである。俗に、「がんに効く」「痛みを和らげる」などと言われているが、ヒトにおける安全性・有効性について米国国立がん研究所 (NCI) は、「アミグダリン (レートリル) は、がんの治療、改善および安定化、関連症状の改善や延命に対していずれも効果がなく、むしろ青酸中毒をおこす危険性がある」という結論を出している。サプリメント等により重篤な健康障害を起こした事例も複数報告されており、米国のFDA (食品医薬品局) は米国内でのアミグダリンおよびレートリルの販売を禁じている。果物中のアミグダリンは果実の成熟に従い消失し、また梅干しや梅酒、梅漬けなどの加工によって、分解を促進すると言われているため、これらの加工品に残存しているアミグダリンの量は僅かであると考えられる。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。また、アミグダリンの作用に関する解説は「アミグダリンについて」を参照。