健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

アントシアニン [英]Anthocyanin [学名]-

概要

アントシアニンは水溶性を示す植物の二次代謝産物で、花や果皮に広く分布し、pHによって青、紫、赤色を示す。アントシアニン(アントシアノサイド)は配糖体を指し、糖が外れた構造であるアグリコンをアントシアニジンと呼ぶ。基本骨格に結合する水酸基およびメチル基の位置や数、糖鎖の構成などによって多くの種類が存在する。俗に、「視力回復によい」「動脈硬化や老化を防ぐ」「炎症を抑える」などと言われ、種々の植物由来のアントシアニンを用いた有効性の検討が行われているものの、現時点ではヒトでの有効性・安全性については、信頼できるデータが十分ではない。なお、由来する植物の生育条件や抽出法によって、抽出物に含まれるアントシアニンの組成は異なるため注意が必要である。基原が明らかなアントシアニンの情報については、各素材の情報を参照のこと。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。