健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

アントシアニン [英]Anthocyanin [学名]-

概要

アントシアニンはポリフェノール類に属し、植物の花や果皮に広く分布するアントシアン色素のうちアントシアニジン (アグリコンと呼ぶ非糖質部分) の配糖体である。糖鎖の構成により多くの種類が存在し、ビルベリーやブドウに多く含まれる。俗に、「視力回復によい」「動脈硬化や老化を防ぐ」「炎症を抑える」などと言われているが、ヒトでの有効性・安全性については、信頼できるデータが十分ではない。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・アントシアニジンは「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:アントシアニンは着色料である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・アントシアニジンをアグリコンとする配糖体。水、アルコールに可溶。色相はpHの変化により変わる。

分析法

・多波長検出器付高速液体クロマトグラフィー (HPLC) により、C18カラムを用いて分離・分析された報告がある (PMID:16104817) (PMID:15826066)
・クランベリージュース中のアントシアニンを、HPLC-ESI-MS/MSで分析したという報告がある (PMID:16861803)

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・健康な閉経後の女性52名 (58.2±5.6歳、試験群26名、イギリス) を対象とした、二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アントシアニン125 mgを含むエルダーベリー抽出物を1日4カプセル (合計アントシアニン500 mg/日) 、12週間摂取させたところ、血漿中の心血管疾患リスクマーカー (血糖、血中脂質、C-反応性蛋白質、IL-6、腫瘍壊死因子など) に影響は認められなかった (PMID:19793846)
・正常高値血圧の男性27名 (平均41±3歳、ノルウェー) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、アントシアニン320 mg×2回/日を4週間摂取させたところ、血圧 (座位、横臥、24時間、ストレス反応性) に影響は認められなかった (PMID:21544087)
・血圧が高めの成人男性31名 (平均41±3歳、ノルウェー) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、アントシアニン640 mg/日を4週間摂取させたところ、血中のHDLコレステロール、血糖、フォンヴィレブランド因子の増加が認められたが、その他の血中脂質、炎症マーカー、酸化ストレスマーカーに影響は認められなかった (PMID:22336903)
・高コレステロール血症患者150名 (試験群75名、平均56.2±6.7歳、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アントシアニン320 mg/日を24週間摂取させたところ、HDLコレステロール値の上昇、LDLコレステロール値、炎症マーカー (高感度CRP、sVCAM-1、IL-1β) の低下が認められたが、総コレステロール値、トリグリセリド値、空腹時血糖値、インスリン濃度、TNF-αに影響は認められなかった (PMID:22906565)
・高コレステロール血症患者122名 (試験群61名、平均55.3±5.0歳、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アントシアニン320 mg/日を24週間摂取させたところ、血中HDLコレステロール値の増加、LDLコレステロール値の低下、および、HDLの抗酸化能、コレステロール引き抜き能の亢進が認められたが、総コレステロール、トリグリセリド、apo AI、apo B、血糖、インスリン、アディポネクチン濃度に影響は認められなかった (PMID:24285687)


消化系・肝臓

RCT
・非アルコール性脂肪肝患者74名 (試験群37名、平均44.9±7.5歳、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ビルベリーおよびクロフサスグリ由来アントシアニン320 mg/日を12週間摂取させたところ、血中GPTの低下、CK-18 M30の増加抑制が認められたが、NAFLD fibrosis score、血中GOT、トリグリセリド、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、空腹時血糖、インスリン、HOMA-IRに影響は認められなかった (PMID:25997043)

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

メタ分析
・2016年6月までを対象に2種のデータベースで検索できた食事由来のフラボノイド摂取量とがん発症リスクに関する観察研究 (症例対照研究またはコホート研究) 143報について検討したメタ分析において、アントシアニンの摂取は、症例対照研究でのみ上気道消化管がん (5報) 、大腸がん (2報) の発症リスク低下と関連が認められたが、乳がん、肺がん、胃がん、肝臓がん、すい臓がん、リンパ腫との関連は認められず、コホート研究 (2報) において前立腺がんの発症リスク上昇との関連が認められた (PMID:27943649)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

調べた文献の中に見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・ヒトに対する安全性については、調べた文献の中に見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ヒトに対する有効性については、調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:16104817) J Agric Food Chem. 2005 Aug 24;53(17):6896-902
(PMID:15826066) J Agric Food Chem. 2005 Apr 20;53(8):3101-13.
(PMID:16861803) Biosci Biotechnol Biochem. 2006 Jul;70(7):1681-7
(PMID:19793846) J Nutr. 2009 Dec;139(12):2266-71.
(PMID:21544087) J Hum Hypertens. 2012 Jun;26(6):396-404.
(PMID:22336903) J Hum Hypertens. 2013 Feb;27(2):100-6.
(PMID:22906565) Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2013 Sep;23(9):843-9
(PMID:24285687) J Clin Endocrinol Metab. 2014 Feb;99(2):561-9.
(PMID:25997043) Medicine (Baltimore). 2015 May;94(20):e758.
(PMID:27943649) Mol Nutr Food Res. 2017 Apr;61(4). Epub 2017 Feb 7.