香港衛生署が公表した西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)及び健康製品リスト1(2005年)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

香港衛生署が公表した西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)及び健康製品リスト1(2005年)

漢方薬(中成薬)と西洋薬成分について
 中国では昔から、各人の症状や体質に合わせて処方した生薬が煎じて服用されてきました。しかし現代では、中医学理論に基づいて、多くの人に共通する処方を選別し、その処方を携帯が便利で品質が安定した錠剤・丸剤・液剤・散剤等として用いるようになってきました。それらの製剤は「中成薬」と言い、中国各地の医薬品メーカーで製造・販売されています。日本でも、ある会社から「××××丸」(厚生労働省承認中成薬)という商品が発売されています。

 中国では基本的に通常の漢方薬に西洋薬成分を入れてはいけないことになっています。もし漢方薬に西洋薬成分を添加する場合は、事前に中国公的機関によって登録・許可を受け、添加した西洋薬成分及び含量を明示することになっています。しかし、一部の業者は自社製品の効果を上げるため、無許可で西洋薬成分を漢方薬に添加して製造・販売しています。これらの製品は、添加した西洋薬成分が明示されていないため、服用により健康被害を引き起こす恐れがあります。そこで、香港衛生署は定期的に西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)及び健康製品を摘発し、ウェブ上に公表しています[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/]。

 最近問題になっている健康食品等に関わる健康被害の殆どは違法な医薬品成分の添加が関係し、それらの事例は既に日本の厚生労働省及び都道府県などの機関からも公表されています。今回香港で公表されている製品のほとんどは漢方薬(中成薬)で食品ではありません。しかし、漢方薬等を含めた健康関連製品が容易にインターネット等を介して入手できる環境では、香港で摘発された製品が日本において健康食品のカテゴリーで流通し、健康被害を引き起こす可能性があり注意する必要があります。

公表されている具体的な製品情報
 下記のリストは、主に香港衛生署の公共衛生と疾病監督部門(Public Health and Disease Serveillance)が公表した公共衛生公告(Public Health Announcements)[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/bulletin/bullet.htm]で公開されている情報をもとに作成したものです。

※注:公表サイトは違法商品に対する処分の終了などの事情により閉じられることがあります。また、紹介している情報は過去における漢方薬(中成薬)及び健康製品に医薬品成分が検出された事例であり、現在該当する商品が継続的に同様な問題を起こしているとは限りません。文章の翻訳はできるだけ正確に行うようにしておりますが、不適当なところもあるかもしれませんので、香港衛生署サイトの関連リンクもご参照ください。

西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年7月15日)
Proprietary Chinese medicine with western drug ingredients (15 July 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Jul/050715e.htm]

  • 商品名(形態):「苦楽康(カプセル)」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該漢方薬には2種類の西洋薬成分が添加。ロシグリタゾン(rosiglitazone)は糖尿病の治療薬で、副作用は頭痛及び水腫。フェンフォルミン(phenformin)は以前に糖尿病の治療薬として使用されたが、その後致命的な乳酸アシドーシスに関連することが気づかれ、香港では1985年に当該成分を含有する薬の販売が禁止。
  • 健康被害と対応:衛生署は6月28日下肢水腫で入院した73歳の女性を調査した後に、当該漢方薬を服用しないよう市民に呼びかけた。その女性は、現在回復。当事者の女性は糖尿病で、問題の製品を大陸から購入し、2ヶ月間服用していた。症状は当該製品によって引き起こされた疑いがある。
  • 問題点: 含有されているロシグリタゾン(rosiglitazone)は医者の処方が必要。フェンフォルミン(phenformin)は毒物に属し、販売に際し医者の処方及び薬剤師の監督が必要。


西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年7月6日)
Health product with western drug ingredients found (6 July 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Jul/050706e1.htm]

  • 商品名(形態):「常青春(カプセル)」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該漢方薬には2種類の西洋薬成分が添加。フェンフルラミン(fenfluramine)は過去に、減肥(ダイエット)効果を達すため食欲抑制に使用されていた。1997年に、ある科学者がフェンフルラミンは心弁膜疾病と関連すると発表したため、1998年より香港での使用は禁止。プロプラノロール(propranolol)は高血圧の治療薬で、副作用は低血圧、心拍数減少及び倦怠感。
  • 健康被害と対応:衛生署は6月21日に自宅で倒れて入院した53歳の女性を調査した後、当該健康製品を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。この女性は6月の始めから、息切れ、倦怠感及び虚弱症状があり、6月25日に死亡。女性の自宅から、「常青春」と書かれているカプセルの入った瓶が発現された。
  • 問題点:衛生署は当該漢方薬を販売用に入港した記録がないということ。女性の家族に連絡しても、当該製品の入手先が確定できない。フェンフルラミン(fenfluramine)を含有する薬品は発売前に登録しなければならない。プロプラノロール(propranolol)を含有する製品は毒物に属し、販売に際し医者の処方が必要。


(※上記の写真は香港衛生署サイトより加工転載)


西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年6月28日)
Proprietary Chinese medicine with western drug ingredients (28 June 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Jun/050628e.htm]

  • 商品名(形態):「李明定安丹(丸)」、「風麝香霊芝丹(丸)」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:プレドニゾロン(prednisolone)はステロイドであり、アレルギーとリウマチの治療に使用。長期摂取すると、中心部肥満、筋肉萎縮及び骨粗鬆症を引き起こす。クロルフェニラミン(chlorpheniramine)はアレルギーの治療に使用され、副作用としては眠気及び眩暈。
  • 健康被害と対応:衛生署は5月19日に眠気、イライラ及び精神混乱で入院した58歳の男性を調査した後、当該漢方薬を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。男性は坐骨神経痛で今年4月末から「李明定安丹(丸)」を服用していた。現在は回復。ただし、症状は当該製品に引き起こされた証拠はない。当該2製品は同じ会社より輸入。衛生署は関連会社に対し、顧客から製品を回収し、同署に渡すよう指示。
  • 問題点:「李明定安丹(丸)」はプレドニゾロン(prednisolone)及びクロルフェニラミン(chlorpheniramine)を含有し、「風麝香霊芝丹(丸)」はクロルフェニラミン(chlorpheniramine)を含有。当該2成分を含有する製品は西洋薬成分で、販売する前に登録しなければならない。プレドニゾロン(prednisolone)を含有する製品は「薬局及び毒薬法令(Pharmacy and Poisons Ordinance)」に従い、毒物に属し、医者の処方が必要。


(※上記の写真は香港衛生署サイトより加工転載)


西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年6月16日)
Proprietary Chinese medicine with western drug ingredients found (16 June 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Jun/050616e.htm]

  • 商品名(形態):「特効李三連蛇骨風湿丸」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該漢方薬には6種類の西洋薬成分が添加。ベタメタゾン(betamethasone)はステロイドであり、アレルギー及びリウマチの治療に使用。副作用は長期服用による中央性肥満及び筋肉萎縮のようなクッシング徴候。ピロキシカム(piroxicam)は止痛薬で、副作用は胃腸不快感。フロセミド(furosemide)は利尿薬で、副作用は胃腸不快感及びめまい。クロルゾキサゾン(chlorzoxazone)は筋弛緩薬で、副作用は胃腸不快感及びめまい。オキセサゼイン(oxethazaine)は胃の不快感の軽減に使用され、副作用はめまい。パラセタモール(Paracetamol)は止痛に使用され、副作用は大量摂取による肝障害。
  • 健康被害と対応:衛生署は5月に急患で入院した69歳の男性を調査した後、当該漢方薬を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。男性は膝痛で今年3月から「特効李三連蛇骨風湿丸」を服用していた。
  • 問題点:男性は当該薬を台湾で購入したというが、入院の原因は当該薬の服用によるものではなかったという。衛生署では当該漢方薬を販売用に入港した記録がないということ。当該漢方薬に添加されているベタメタゾン(betamethasone)、ピロキシカム(piroxicam)、フロセミド(furosemide)、クロルゾキサゾン(chlorzoxazone)及びオキセサゼイン(oxethazaine)の5種類西洋薬成分は処方薬で、医者の監督で使用されなければならない。


西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年5月19日)
Proprietary Chinese medicine with western drug ingredients found (19 May 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/May/050519e1.htm]
  • 商品名(形態):「康喘丸」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該漢方薬には5種類の西洋薬成分が添加。ジアゼパム(diazepam)は鎮静剤、クロルフェニラミン(chlorpheniramine)はアレルギーの軽減に使用され、副作用は昏睡及び眩暈。モルヒネ(morphine)は鎮痛薬、コデイン(codeine)は鎮咳薬で、副作用は共に便秘、昏睡、吐き気及び嘔吐。クレンブテロール(clenbutero)は喘息の軽減に使用され、副作用は震え、不安及び頭痛。
  • 健康被害と対応:衛生署は3月に急患で入院した57歳の女性を調査した後、当該漢方薬を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。男性は喘息のため、2004年末から「康喘丸」を服用。
  • 問題点:女性は当該薬を大陸で購入したというが、当該薬は女性急患の原因ではない。検出された5種類の西洋薬成分は処方薬で、医者の監督で使用されなければならない。衛生署では当該漢方薬を販売用に入港した記録がない。


西洋薬成分含有の漢方薬(中成薬)(2005年5月12日)
Proprietary Chinese medicine with western drug ingredients found (12 May 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/May/050512e.htm]
  • 商品名(形態):「特効舒神(カプセル)」
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該漢方薬には2種類の西洋薬成分が添加。ジアゼパム(diazepam)は鎮静剤で、副作用は昏睡及び眩暈。クロルプロマジン(chlorpromazine)は精神病の治療に使用され、副作用は肝臓障害。
  • 健康被害と対応:衛生署は肝臓障害を起こした61歳の男性を調査した後、当該漢方薬を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。男性は不眠の為、問題の漢方薬を服用。
  • 問題点:男性は当該薬を大陸で購入したというが、肝臓障害が当該漢方薬より起こったことは確認できていない。検出された2種類の西洋薬成分は処方薬で、医者の監督で使用されなければならない。衛生署は当該漢方薬を販売用に入港した記録がない。


ダイエット健康製品の回収(2005年3月18日)
Recall of a slimming health product (18 March 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Mar/050318e1.htm]
  • 商品名(形態):"Bioslim Herbal Tablets"
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該健康製品には1種類の西洋薬成分が添加。ビサコジル(Bisacodyl)は下剤で便秘の治療に使用され、副作用は腹痛及び痙攣のような腹部不快感、長期的に或いは過剰摂取による水及び電解物の過剰流失。
  • 健康被害と対応:健康被害は報告されていないが、衛生署は西洋薬成分の含有する無登録製品とし、当該健康製品を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。輸入業者と問屋に対し当該製品を市場から回収し、衛生署に提出するよう指示。
  • 問題点:当該健康製品は西洋薬成分のビサコジル(Bisacodyl)を含有しているが、法律に従った登録がされていない。


衛生署はダイエット健康製品の回収を指示(2005年2月18日)
DH instructs recall of a slimming health product (18 February, 2005)
[リンク先→http://www.info.gov.hk/dh/new/2005/Feb/050218e1.htm]
  • 商品名(形態):"Absolean"
  • 含有西洋薬成分及び副作用:当該健康製品には1種類の西洋薬成分が添加。シブトラミン(sibutramine)は食欲抑制薬で、副作用は血圧上昇及び心拍数増加。心臓及び循環器疾患の方は服用不可。
  • 健康被害と対応:健康被害の報告はないが、衛生署は西洋薬成分の含有する無登録製品とし、当該健康製品を購入・服用しないよう市民に呼びかけた。また、輸入業者と問屋に対し当該製品を市場から回収し、衛生署に提出するよう指示。
  • 問題点:当該健康製品は西洋薬成分のシブトラミン(sibutramine)を含有しているが、法律に従った登録がされていない。また、シブトラミン(sibutramine)を含有する製品は毒薬であり、医者の処方がないと発売は不可となっている。