健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ブルーベリー [英]Blueberry、Highbush blueberry [学名]Vaccinium corymbosum L. (V. angustifolium、 V. ashei、 V. pallidum)

概要

ブルーベリーはコケモモ属のベリー類の総称で、幾つかの種 (species) がブルーベリーと呼ばれ、食用として各地で栽培されている。ブルーベリーの中国語名は「藍莓」である。俗に、「血管を丈夫にする」などと言われているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータが見当たらない。妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外での過剰摂取は避けたほうがよい。なお、「眼によい」等といわれ、サプリメント等に使用されるのは野生種のビルベリー (Vaccinium myrtillus) であり、ここに記載した種類とは別種である。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・果実は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:色素は着色料。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・オリゴメリック・プロシアニジン (oligomeric procyanidin=OPCs) 、アントシアニン、アルブチン、タンニン、ペクチン (pectin) を含む。

分析法

・品質の指標としてアントシアニン類がフォトダイオードアレイ検出器 (検出波長518 nm) とESI-MS検出器を装着したHPLCにより分析されている (PMID:11513700) 。また、酸加水分解後のアントシアニジン類がフォトダイオードアレイ検出器 (検出波長530 nm) を装着したHPLCにより分析されている (PMID:11559107)
・アントシアニン15種とアントシアニジン5種をHPLC-VIS (540 nm) で分析し、LC/MS により同定した報告がある (PMID:19029785)
・ブルーベリーを含むとして販売されていた健康食品中の総アントシアニン量およびアントシアニジン量をHPLCおよびHPLC-MSで分析した報告がある (PMID:19029785)

有効性








循環器・
呼吸器


メタ分析
・2014年12月までを対象に7つのデータベースで検索できた無作為化比較試験3報について検討したメタ分析において、ブルーベリーの摂取は血中総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドに影響を与えなかった (PMID:26345230)
RCT
・喫煙習慣のある成人20名 (平均25.9歳、アメリカ) を対象とした無作為化比較試験において、ブルーベリー250 g/日を3週間摂取させたところ、血中脂質ヒドロペルオキシドは減少したが、アンジオテンシン変換酵素活性、血漿抗酸化能やF2-isopostanes (酸化ストレスマーカー)、血圧に影響は認められなかった (PMID:16298751)
・健康な成人男性10名 (平均27±1.3歳、イギリス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、ブルーベリーポリフェノール766 mg、1,278 mg、1,791 mg含有のブルーベリージュースを単回摂取させたところ、摂取1〜2時間後および6時間後の二相性の血流依存性血管拡張反応 (FMD) の増加が認められたが、脈波伝播速度 (PWV) 、脈波増大係数 (AIx) 、指尖容積脈 (DVP) 、血圧、心拍に影響は認められなかった (PMID:24004888)
・健康な成人男性11名 (平均27±1.0歳、イギリス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、ブルーベリーポリフェノール319 mg、639 mg、766 mg、1,278 mg、1,791 mg含有のブルーベリージュースを単回摂取させたところ、1時間後の血流依存性血管拡張反応 (FMD)の増加が認められ、766 mg摂取時に最大値を示した (PMID:24004888)
・メタボリックシンドロームの成人44名 (試験群23名、平均55±2歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、冷凍乾燥ブルーベリー粉末45 g/日を6週間摂取させたところ、血管内皮機能 (reactive hyperemia index) の改善が認められたが、体重、BMI、血圧、糖代謝マーカー (空腹時血糖値、インスリン濃度) 、血清脂質濃度 (トリグリセリド、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール) に影響は認められなかった (PMID:26024297)


消化系・肝臓

調べた文献の中で見当らない。

糖尿病・
内分泌

メタ分析
・健康な成人女性66,105名、85,104名、男性36,173名を対象とした3つのコホート研究 (アメリカ) の結果を統合した解析において、全果物、ブルーベリー、ブドウ/レーズン、りんご/洋ナシ、バナナ、グレープフルーツの摂取量が多いとII型糖尿病リスクの低減と関連が認められたが、プルーン、桃/プラム/アプリコット、オレンジ、イチゴの摂取量とは関連が認められず、フルーツジュース、メロンの摂取量が多いとII型糖尿病リスク増加と関連が認められた (PMID:23990623)

生殖・泌尿器

調べた文献の中で見当らない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中で見当らない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中で見当らない。

骨・筋肉

調べた文献の中で見当らない。

発育・成長

調べた文献の中で見当らない。

肥満

調べた文献の中で見当らない。

その他

一般情報
・ブルーベリー果実抽出物として摂取したときのアントシアニン類の吸収は、極めてわるい (摂取量の0.004〜0.11%のレベル) (PMID:12097661)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中で見当らない。

安全性

危険情報

<一般>
・経口で適切に摂取した場合、おそらく安全である (22) (94) 。
・副作用は報告されていない (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外での使用は避けたほうが良い (94) 。
<その他>
・ブルーベリーを含むとして販売されていた健康食品 (25品目) 中の総アントシアニジン量をHPLC法にて分析したところ、6品目で表示量の80%以下であった。また、アントシアニンの1日摂取目安量は製品間で大きな違いがあった (PMID:19029785)
<被害事例>
・35歳女性 (日本) が、1年前からブルーベリーやコラーゲンなど、数種類のサプリメントを毎日摂取したところ (摂取量不明) 、3ヶ月前から全身に蕁麻疹様紅斑を生じて医療機関を受診、真皮の浮腫、好酸球浸潤が認められた。薬剤リンパ球刺激試験 (DLST) においてブルーベリーとコラーゲンサプリメントが陽性、摂取中止により軽快した (2013308481) 。
・糖尿病前症の診断を受けていたが治療をしていなかった75歳男性 (トルコ) が、性機能向上の目的で毎日、自家製のブルーベリージュースを飲用しており、ブルーベリージュース約500 mLとセイヨウバクチノキの実200〜300 gを同時に摂取したところ、約1.5〜2時間後に冷汗、動悸、めまい、視力障害、意識消失を伴う低血糖発作をおこした (PMID:25097289)
・20,800人の子ども (6〜18歳、トルコ) を対象とした調査において、アンケート、プリックテスト、食物負荷試験により、ブルーベリーアレルギーを有する子どもが1名 (14歳女児、気管支喘息、アレルギー性鼻炎の病歴有) 見つかった (PMID:25744908) 。ブルーベリーを摂取後15〜30分で背中の痒み、息切れを経験したことがあった。

禁忌対象者

調べた文献の中で見当らない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、ブルーベリージュースはCYP3A、CYP2C9活性を阻害したが、健康な成人12名 (19〜54歳、アメリカ) を対象とした臨床試験においては、ブルーベリージュースの摂取は、ブスピロン (抗不安薬:CYP3A基質) の血中濃度 (AUC) を増加させたものの、Cmaxには影響を与えず、フルルビプロフェン (抗炎症薬:CYP2C9基質) の血中濃度には影響を与えなかった (PMID:22943633)

動物他での
毒性試験

・ブルーベリー水抽出物がエイムス試験改良法で変異原性を示した (1992014019) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・葉はクラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・経口で適切に摂取した場合、おそらく安全である。
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外での過剰摂取は避けたほうが良い。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ヒトにおける有効性については、参考になる十分な科学的証拠はない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(PMID:11513700) J Agric Food Chem. 2001 Aug; 49(8): 3987-92.
(PMID:11559107) J Agric Food Chem. 2001 Sep; 49(9): 4183-7.
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(1992014019) 食品衛生学雑誌.1990;31(1):74-7
(PMID:12097661) J Nutr. 2002 Jul;132(7):1865-71.
(PMID:19029785) Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 2008;49(5):339-46.
(PMID:16298751) Free Radic Res. 2005 Nov;39(11):1241-8.
(PMID:19029785) Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 2008;49(5):339-46.
(PMID:22943633) Br J Clin Pharmacol. 2013 Apr;75(4):1041-52.
(PMID:23990623) BMJ. 2013 Aug 28;347:f5001.
(PMID:24004888) Am J Clin Nutr. 2013 Nov;98(5):1179-91.
(2013308481) アレルギー 2013 62(3-4) 463
(PMID:25097289) Indian J Pharmacol. 2014 Jul-Aug;46(4):446-7.
(PMID:26024297) Nutrients. 2015 May 27;7(6):4107-23.
(PMID:25744908) Ann Allergy Asthma Immunol. 2015 Mar;114(3):259-60.
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(PMID:26345230) Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:790329.