健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ロイシン [英]Leucine (Leu) [学名]

概要

ロイシンは必須アミノ酸の一つで、1日の必要量がアミノ酸の中で最大である。ただし含有する食物も多いため、通常の食事では不足しにくい。イソロイシン、バリンとともに、筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸(分枝アミノ酸) (BCAA;branched chain amino acid) であり、筋肉のエネルギー代謝に深く関わっている。俗に、「筋肉をつくる」「疲労を抑える」と言われており、運動中の筋肉消耗を低減するのに一部で有効性が示唆されている。また、脂肪燃焼を促すといわれているが、ダイエット効果に関しては信頼できる十分なデータが見当たらない。安全性については、短期間で適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分なデータがないので、過剰摂取は避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・ロイシンは「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号LeuまたはL、C6H13NO2、分子量 (MW) 131.18。L-体はタンパク質構成アミノ酸の一つ。ヒト、ラット、鳥類などでは必須アミノ酸である。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬を用い蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

一般情報
・分岐鎖アミノ酸は食欲不振に対して有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2014年9月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験とコホート研究11報について検討したメタ分析において、肝細胞がん患者による治療中の分岐鎖アミノ酸併用は、血清アルブミン濃度の上昇 (7報) 、3年後までの死亡 (5報) 、腹水 (5報) 、浮腫 (3報) リスクの低下と関連が認められたが、総ビリルビン濃度 (5報) 、ALT (3報) 、AST (3報) 、1年後までの死亡 (9報) 、1年後 (5報) および3年後 (3報) までの再発リスクに影響は与えなかった (PMID:26155840)
RCT
・栄養不良の高齢慢性透析患者28名 (70歳以上、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、バリン、ロイシン、イソロイシンを含む分岐鎖アミノ酸を12 g/日、6ヶ月間摂取させたところ、食欲およびカロリー摂取量が増加し、血中アルブミン値および身体計測値が向上した (PMID:11522870)

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・分岐鎖アミノ酸は慢性の肝性脳障害に対して有効性が示唆されている (94) 。
・躁病に対して有効性が示唆されている (94) 。
・分岐鎖アミノ酸は遅発性ジスキネジー (運動障害) に対して有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2012年12月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験8報について検討したメタ分析において、肝硬変を伴う肝性脳症患者における分岐鎖アミノ酸摂取は、肝性脳症の改善 (7報) と関連が認められたが死亡率 (5報) との関連は認められなかった (PMID:23739310)
RCT
・肝性脳症の既往歴のある肝硬変患者116名 (試験群58名、平均64.1±10.4歳、スペイン) を対象とした二重盲検無作為化比較試験において、標準的な制限食とともに分岐鎖アミノ酸30 g/日を56週間摂取させたところ、肝性脳症の再発リスクに影響は認められなかった (PMID:21326220)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

一般情報
・分岐鎖アミノ酸は運動中の筋肉消耗の低減に有効性が示唆されている (94)。
・分岐鎖アミノ酸は筋萎縮性側索硬化症 (ALS) に対しておそらく効果がない (94) 。
RCT
・健康な成人男性29名 (平均71±4歳、試験群15名、オランダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ロイシン7.5 g/日を12週間摂取させたところ、骨格筋量、骨格筋力、インスリン感受性、血中糖化ヘモグロビン量、血漿脂質に影響は認められなかった (PMID:19321567)
・II型糖尿病の高齢男性57名 (平均71±1歳、試験群29名、オランダ) を対象とした無作為化プラセボ比較試験において、L-ロイシン7.5 g/日を6ヶ月間摂取させたところ、除脂肪量、体脂肪率、筋力、筋線維タイプ、インスリン感受性、血中糖化ヘモグロビン量、血漿脂質に影響は認められなかった (PMID:21525248)
・前十字靱帯断裂のため再建術を受けた運動選手45名 (試験群22人、平均23.8±5.6歳、フランス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、リハビリテーションとともにロイシン330 mg×4/日を平均2.7週間摂取させたところ、2ヵ所中1ヵ所の大腿筋肉量の増加が認められたが、筋力の回復に影響は認められなかった (PMID:23260415)
・健康な男性27名 (平均20.85±0.51歳、試験群8名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、分岐鎖アミノ酸 (50%ロイシン、25%イソロイシン、25%バリン含有) 120 mg/kg体重+糖質サプリメント1.5 g/kg体重を空腹時、レジスタンス運動前後に分けて摂取させたところ、血清グルコース、インスリン濃度、骨格筋のリン酸化タンパク質量 (IRS-1、Akt、mTOR、p70S6K、4E-BP1) に影響は認められなかった (PMID:24655485)
・高齢者24名 (試験群12名、平均85±8歳、スペイン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、週4日のレジスタンス運動とともに、遊離ロイシン10 g/日を12週間摂取させたところ、身体機能評価4項目中1項目で改善が認められたが、脚の等尺性運動最大強度、健康関連QOL指標 (SF-36) に影響は認められなかった (PMID:25926725)
・サルコペニアの高齢者130名 (試験群69名、平均80.77±6.29歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、身体活動プログラムとともに、乳清たんぱく質22 g+ビタミンD3 100 IU+必須アミノ酸10.9 g (ロイシン4 g) 含有サプリメントを12週間摂取させたところ、体重、BMI、除脂肪体重、骨格筋量の増加、栄養状態 (Mini nutritional assessment) 、ADL、健康関連QOL (SF-36) の身体面評価の改善、握力、血清IGF-I (インスリン様成長因子) の増加が認められたが、体脂肪量、ウエスト径、SF-36の精神面評価に影響は認められなかった (PMID:26864356)
・健康な男女19名 (試験群10名、平均51±1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、14日間のベッドレスト介入中にL-ロイシンを0.06 g/kg×3回/日摂取させたところ、寝たきりによる筋力 (膝伸展トルク、筋持久力、筋肉の質) 低下の抑制、体脂肪率増加の抑制が認められたが、足関節底屈トルク、筋肉の細胞内シグナル伝達マーカー (mTOR、S6K1、4E-BP1) 、骨格筋タンパク質合成、体重、自転車エルゴメーター運動時のVO2peak、最大心拍数、最大ワークロードに影響は認められなかった (PMID:26718415)

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

RCT
・健康な高齢者25名 (イギリス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ロイシン20% (8名、平均71.1±2.7歳) または40% (8名、平均71.9±3.0歳) 含有必須アミノ酸を0.21 g/kg/日、3ヶ月間摂取させたところ、ロイシン40%摂取群においてのみ除脂肪体重の増加が認められたが、いずれの摂取量においても脂肪量、体脂肪率、骨密度、運動機能テスト、身体活動量に影響は認められなかった (PMID:26081485)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・短期間、適切に用いれば安全性が示唆されている (94) 。
・分岐鎖アミノ酸は、副作用として高血圧、皮膚炎、消化不良、胃腸障害、急性痛風を生じる可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないので、サプリメントとしての使用を避ける (94) 。
<小児>
・短期間、適切に用いれば安全性が示唆されている (94) 。
<その他>
・メープルシロップ尿症 (分岐鎖アミノ酸が代謝されない先天性異常) の患者は、血中の分岐鎖アミノ酸濃度が高いので分岐鎖アミノ酸の摂取量が上昇すると痙れんや身体的・精神的発育遅延が起きることがある (94) 。
・筋萎縮性側索硬化症の患者では分岐鎖アミノ酸摂取により肺機能不全による死亡率の増加が疑われる (94) 。
・慢性アルコール中毒患者による分岐鎖アミノ酸の摂取は肝性脳症と関連する可能性がある (94) 。
・突発性低血糖の乳児において、低血糖を誘発する可能性がある (94) 。
・分岐鎖アミノ酸は血糖に影響を与える可能性があるため、手術の少なくとも2週間前には摂取を中止したほうが良い (94) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・健康成人7名 (19〜40歳、スウェーデン) を対象とした試験において、L-ロイシンは、アンチピリン(解熱鎮痛薬) 、ベンセラジド (レボドパの補助薬) の腸内吸収に影響しなかったが、レボドパ (パーキンソン治療薬) の腸内吸収を減少させた (PMID:8471400)

<理論的に考えられる相互作用>
・分岐鎖アミノ酸とレボドパの併用で、小腸と脳におけるレボドパの輸送と競合し、作用を弱める可能性がある (94) 。
・分岐鎖アミノ酸はインスリン分泌を促進する可能性があるため、糖尿病治療薬に相加的に働く可能性がある (94) 。
・グルココルチコイド、ジアゾキシド、甲状腺ホルモンなどとの併用により分岐鎖アミノ酸の代謝に影響を与える可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・短期間、適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中における安全性については、信頼できる十分なデータがないのでサプリメントとしての使用を避ける。
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 治療に分岐鎖アミノ酸を用いた症例で、死亡率が上昇したとする研究がある。
・アルコール依存症患者において肝性脳症と関連する可能性がある。
・分岐鎖アミノ酸とレボドパの併用により、レボドパの作用を弱めることが考えられる。
・メープルシロップ尿症 (分岐鎖アミノ酸が代謝されない先天性異常) の患者では、痙れんや身体的・精神的発育遅延が起きることがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取で有効性が示唆されているのは、1) 運動中の筋肉消耗の低減、2) 慢性の肝性脳症、3) 躁病、4) 遅発性ジスキネジー (運動障害) 、5) 食欲不振。
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS) に対してはおそらく効果がない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(PMID:8909433) Neurology. 1996;47:1220-6.
(PMID:8676537) JPEN J Parenter Enteral Nutr. 1996 Mar-Apr;20(2):159-64.
(PMID:2204661) J Hepatol. 1990 Jul;11(1):92-101.
(PMID:8315258) J Hepatol. 1993 Mar;17(3):308-14.
(PMID:3882509) Gastroenterology. 1985 Apr;88(4):887-95.
(PMID:10367552) Psychopharmacology (Berl). 1999 Apr;143(4):358-64.
(PMID:2896868) Lancet. 1988 May 7;1(8593):1015-8.
(PMID:2614487) J Neurol. 1989 Dec;236(8):445-7.
(PMID:9124069) Acta Physiol Scand. 1997 Jan;159(1):41-9.
(PMID:12777270) Am J Psychiatry. 2003 Jun;160(6):1117-24.
(PMID:11522870) Nephrol Dial Transplant. 2001 Sep;16(9):1856-62.
(PMID:8365971) J Appl Physiol. 1993 Jun;74(6):2711-7.
(PMID:7810616) Am J Physiol. 1994 Dec;267(6 Pt 1):E1010-22.
(PMID:832796) Gastroenterology. 1977 Mar;72(3):483-7.
(PMID:11790952) Curr Opin Clin Nutr Metab Care. 2002 Jan;5(1):63-7.
(PMID:11934675) Am J Physiol Endocrinol Metab. 2002 May;282(5):E1092-101.
(PMID:12183515) J Appl Physiol. 2002 Sep;93(3):1168-80.
(PMID:12610012) Diabetes Care. 2003 Mar;26(3):625-30.
(PMID:8255440) Neurology. 1993 Dec;43(12):2466-70.
(PMID:12611783) Br J Psychiatry. 2003 Mar;182:210-3
(PMID:11238772) J Nutr. 2001 Mar;131(3):846S-850S.
(PMID:19321567) Am J Clin Nutr. 2009 May;89(5):1468-75.
(PMID:21525248) J Nutr. 2011 Jun;141(6):1070-6.
(PMID:21326220) Am J Gastroenterol. 2011 Jun;106(6):1081-8.
(PMID:23739310) J Nutr. 2013 Aug;143(8):1263-8.
(PMID:23260415) Ann Phys Rehabil Med. 2013 Mar;56(2):102-12.
(PMID:24655485) Nutr Res. 2014 Mar;34(3):191-8.
(PMID:25926725) Clin Interv Aging. 2015 Apr 13;10:713-23.
(PMID:26081485) Eur J Clin Nutr. 2015 Jun 17.
(94) Natural Medicines
(PMID:8471400) Br J Clin Pharmacol. 1993 Mar;35(3):243-50.
(PMID:26864356) Am J Clin Nutr. 2016 Mar;103(3):830-40
(PMID:26718415) Am J Clin Nutr. 2016 Feb;103(2):465-73.
(PMID:26155840) Nutr J. 2015 Jul 9;14:67.