健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

タウリン (別名2-アミノエタンスルホン酸) [英]Taurine [学名]

概要

タウリンは生体中のほとんどすべての組織に存在している含硫アミノ酸の代謝中間体。様々な動植物組織に含まれているが、植物に含まれている量はわずかで、動物、特に魚介類 (イカ、タコなど) に多く含まれている。ヒトでは心筋、筋肉、脾臓、脳、肺、骨髄などに存在している。タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分されるため、原則として抽出物や生成物として食品に添加することはできない。俗に、「血中脂質を改善する」「肝機能を高める」「血圧を下げる」と言われており、タウリン摂取によりうっ血性心不全および肝炎に対して一部で有効性が示唆されているが、その他の有効性については十分な情報が見当たらない。安全性については、適切に経口摂取する場合は安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中の安全性については、濃縮物として摂取する場合の信頼できる十分なデータがないため使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。
・タウリン (抽出物) (魚類またはほ乳類の臓器または肉から得られた、タウリンを主成分とするものをいう) は既存添加物 (調味料) としての使用が認められている (78) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

C2H7NO3S、分子量 (MW) 125.15の含硫アミノ酸の代謝中間体。体内ではシステインから合成される (1) (2) (16) 。過酸化物の消去剤であり、また神経修飾物質として作用する (1) 。

分析法

イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・うっ血性心不全に経口摂取で有効性が示唆されている (PMID:3888464) 。タウリンは左心室の働きを高め (PMID:1538580) (PMID:3888464) (PMID:7887286) 、ニューヨーク心臓協会によるクラスIIからIVの心不全の症状を改善する (PMID:3888464) (PMID:6871923) (PMID:7887286) 。タウリン摂取4〜8週間で重篤な心疾患 (クラスIV) がクラスIIに改善した患者もいた (PMID:6871923) (PMID:6348797) (PMID:7152734) (PMID:7887286)
RCT
・健常成人80名 (試験群41名、ノルウェー) を対象とした二重盲検並行群間無作為化比較試験において、EPA+DHA 1.1 g/日とタウリン425 mg/日を含む魚パテを7週間摂取させたところ、血中の総コレステロール、LDLコレステロール、アポタンパクB、総コレステロール/HDLコレステロール比の低下が認められた (PMID:18242615)


消化系・肝臓

一般情報
・肝炎に有効性が示唆されている。経口摂取で急性肝炎患者の肝機能が改善した (PMID:6878421)

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

・75歳以上の股関節骨折患者236名 (試験群113名、平均84.4±5.4歳、オランダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、入院時から手術6日後までタウリン6 g/日を摂取させたところ、術後の血中ストレスマーカー15項目中1項目 (8OHdG) のみ減少が認められたが、入院期間、術後合併症リスク、動作機能評価、併存疾患リスク、術後1年までの死亡率に影響は認められなかった (PMID:26035756)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・食品に含まれている量のタウリンを適切に経口摂取することは安全性が示唆されている (64) 。臨床試験の結果、1年までの連続摂取で安全であった (PMID:1538580) (PMID:3888464) (PMID:6348797) (PMID:7887286)
<小児>
・小児でも適切に用いれば安全性が示唆されている (94) 。4ヶ月まで安全に摂取できた (PMID:1669669) (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中に食品に含まれている量のタウリンを経口摂取することはおそらく安全であるが、濃縮物として摂取した場合の安全については十分なデータがないため、使用を避ける (94) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・他のハーブやサプリメントとの相互作用については十分なデータがない (64) 。
・タウリンは利尿作用を有する可能性があるため、リチウムの排出が減少し、リチウムレベルが増加する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・タウリンを投与:ラット経口5 g/kg以上、マウス経口7 g/kg以上 (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

総合評価

安全性

・食品に含まれている量のタウリンを適切に経口摂取する場合は安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中に食品に含まれている量のタウリンを経口摂取することはおそらく安全であるが、濃縮物として摂取した場合の安全については、信頼できる十分なデータがないため使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取でうっ血性心不全、肝炎に有効性が示唆されている。

参考文献

(1) 最新栄養学 第7版 (建帛社) 木村修一ら 翻訳監修
(2) 新栄養化学 朝倉書店 内藤 博ら
(16) 生化学辞典 第3版 東京化学同人
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(64) 健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(PMID:3888464) Clin Cardiol. 1985;8:276-82.
(PMID:6871923) Clin Ther. 1983;5(4):398-408.
(PMID:11713623) Psychopharmacology (Berl). 2001 Nov;158(3):322-8.
(PMID:7152734) Int J Cardiol. 1982;2(2):303-4.
(PMID:6878421) Prog Clin Biol Res. 1983;125:461-8.
(PMID:1538580) Jpn Circ J. 1992 Jan;56(1):95-9.
(PMID:6348797) Prog Clin Biol Res. 1983;125:61-72.
(PMID:7887286) Adv Exp Med Biol. 1994;359:425-33.
(PMID:1669669) Am J Dis Child. 1991 Dec;145(12):1401-4.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(PMID:18242615) Atherosclerosis. 2008 Oct;200(2):396-402.
(78) 改訂 食品添加物インデックス 和名・英名E No.検索便覧 中央法規 社団法人日本輸入食品安全推進協会
(94) Natural Medicines
(PMID:26035756) Int J Mol Sci. 2015 May 29;16(6):12288-306.