健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

イノシトール [英]Inositol [学名]Hexahydroxycyclohexane

概要

イノシトールはイノシットとも呼ばれている水溶性のビタミン様物質である。植物中では遊離型のイノシトール又はそのリン酸エステル体 (フィチン酸) として存在している。動物体内ではイノシトールまたはイノシトールリン酸の形で存在している。俗に、「脂肪肝によい」「動脈硬化によい」「脳によい」「糖尿病によい」などと言われているが、ヒトでの有効性については、多嚢胞性卵巣症候群、強迫性障害、パニック症候群に対し有効性が示唆されているものの、うつ病、統合失調症、アルツハイマー、自閉症には効果がないことが示唆されており、糖尿病性神経症に対してはおそらく効果がない。適切に摂取する場合は安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないので使用は避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・イノシトール (フィチン) は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・イノシトールまたはミオイノシトールは「既存添加物」:強化剤である (78) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・シクロヘキサン6価アルコールの総称。分子量 (MW) 180.16、融点225〜227℃。9種の異性体が存在する。水溶性で有機溶媒に不溶 (31) (32) 。

分析法

・イノシトールを電気化学検出器 (pulsed amperometric detector) を装着したHPLC法にて分析した報告ある (PMID:2221394)
・イノシトールリン酸塩を、核磁気共鳴分析法 (31P-NMR) を用いて分析した報告がある(PMID:10606582)
・イノシトールリン酸塩の分離同定として、硫酸ナトリウム勾配によるイオン交換クロマトグラフィーにて分離した後、質量分析法 (HPLC-MS) により定量を行った報告がある (PMID:2653097)

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・呼吸窮迫症候群の早産児に対し、有効性が示唆されている (94) 。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

RCT
・糖尿病患者55名 (試験群30名、平均39歳、デンマーク) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ミオイノシトール1 g×3/日を24週間摂取させたところ、末梢神経の機能 (運動伝達速度、振動知覚閾値) に影響は認められなかった (PMID:362791)
・糖尿病患者28名 (試験群14名、平均18歳、デンマーク) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ミオイノシトール2 g×3/日を24週間摂取させたところ、末梢神経の機能 (運動伝達速度、知覚伝達速度、神経電位振幅) に影響は認められなかった (PMID:6868954)
・空腹時血糖値が高めの妊婦73名 (試験群35名、平均33.0±4.9歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、葉酸400 μg/日とともにミオイノシトール4 g/日を妊娠中に摂取させたところ、経口糖負荷試験の異常値、新生児低血糖の発生リスク低下が認められたが、妊婦のインスリン治療者の割合、羊水過多の発生、出生時体重に影響は与えなかった (PMID:23327487)

生殖・泌尿器

一般情報
・多嚢胞性卵巣症候群に対し、有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2015年9月までを対象に3つの試験登録 (4つのデータベースを含む) された無作為化比較試験4報について検討したメタ分析において、妊婦によるミオイノシトールの摂取は、妊娠糖尿病リスク (3報) 、経口糖負荷試験における空腹時、1時間後2時間後血糖値 (各3報) の低下と関連が認められたが、妊娠高血圧 (2報) 、帝王切開 (2報) 、インスリン投与 (2報) 、早産 (2報) 、巨人症 (2報) 、肩甲難産 (2報) 、新生児低血糖 (2報) のリスクや妊娠中体重増加量 (2報) 、在胎期間 (2報) 、出生時体重 (2報) に影響は与えなかった (PMID:26678256)
・2015年2月までを対象に4つのデータベースで検索できた対照試験5報について検討したメタ分析において、妊婦によるミオイノシトールの摂取は妊娠糖尿病リスク (4報) 、経口糖負荷試験における空腹時 (5報) 、1時間後 (3報) 、2時間後 (3報) 血糖値、関連する合併症 (3報) 、出生時体重 (3報) の低下と関連が認められた (PMID:26496267)
RCT
・多嚢胞性卵巣症候群の肥満女性44名 (試験群22名、平均29±6歳、ベネズエラ) を対象とした二重盲検無作為化比較試験において、イノシトールの異性体であるキロイノシトール (D-chiro-inositol) を1,200 mg/日、6〜8週間摂取させたところ、血中トリグリセリドとテストステロンレベルの減少、血圧の低下、排卵の誘発がみられたが、空腹時血糖値、空腹時インスリン値、プロゲステロン、エストラジオール、デヒドロエピアンドロステロン値に影響は認められなかった (PMID:10219066)
・多嚢胞性卵巣症候群の女性283名 (試験群136名、平均28.6歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ミオイノシトール100 mg×2/日を16週間摂取させたところ、排卵の誘発が認められた (PMID:15206484)
・BMI 20.0〜24.4の多嚢胞性卵巣症候群の女性20名 (試験群10名、平均28.2±1.5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、キロイノシトール600 mg/日を6〜8週間摂取させたところ、BMIの低下抑制、ウエストヒップ比の増加抑制、血圧、総コレステロール、トリグリセリドの低下、インスリン感受性の増加、テストステロン濃度の低下が認められたが、空腹時血糖、空腹時インスリン、性ホルモン結合グロブリン、アンドロステンジオン、デヒドロエピアンドロステロン濃度に影響は認められなかった (PMID:15251831)
・多嚢胞性卵巣症候群の女性42名 (試験群23名、平均28.8±1.5歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較において、葉酸400 μg/日とともにミオイノシトール4 g/日を12〜16週間摂取させたところ、血圧、血中トリグリセリド、総コレステロール値の増加が認められたが、BMI、ウエストヒップ比に影響は認められず、摂取6〜8週目における、血糖AUC、インスリンAUC、テストステロンの低下、インスリン感受性、最高黄体ホルモン値の増加が認められたが、空腹時血糖、空腹時インスリン、デヒドロエピアンドロステロン、性ホルモン結合グロブリン、アンドロステンジオンに影響は認められなかった (PMID:19499845)
・多嚢胞性卵巣症候群の女性92名 (試験群45名、平均29.0歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較において、葉酸400μg/日とともにミオイノシトール4 g/日を16週間摂取させたところ、排卵の誘発が認められた (PMID:18074942)
・月経前不快気分障害の女性71名 (18〜45歳、試験群37名、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ミオイノシトール粉末4 g×3/日またはソフトゲルカプセル1.2 g×3/日を6性周期間摂取させたところ、粉末、ソフトゲルカプセルのいずれにおいても症状の評価 (HAM-D、DSR、CGI-SI) に改善が認められた (PMID:22031267)
・月経前不快気分障害の女性11名 (平均35.9±5歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、ミオイノシトール12 g/日を黄体期に6性周期間摂取させたところ、症状の評価 (アナログスケール、HDRS、CGI、PMTS) に影響は認められなかった (PMID:12478879)
・特発性不妊症の男性194名 (試験群98名、平均28±9歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、葉酸200μg×2/日とともにミオイノシトール2 g×2/日を3ヶ月間摂取させたところ、血中の黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンの低下と血中インヒビン、精子濃度、精子数、前進運動率、先体反応精子の増加が認められた (PMID:25854593)

脳・神経・
感覚器

一般情報
・強迫性障害、パニック症候群に対し、有効性が示唆されている (94) 。
・うつ病、SSRI (選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 系抗うつ薬の効果の増強、統合失調症、アルツハイマー病、自閉症の治療には効果がないことが示唆されている (94) 。
・糖尿病性神経症に対し、おそらく効果がない (94) 。
・リチウム剤 (抗躁薬) による副作用の乾癬に対し、有効性が示唆されているが、リチウムを摂取してない患者の乾癬は改善しないと考えられる (94) 。また、リチウムによる震え、喉の渇き、甲状腺機能低下の軽減には、イノシトールは経口摂取で効果がないことが示唆されている (94) 。
メタ分析
・2013年8月までを対象に3つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験11報について検討したメタ分析において、イノシトールの摂取は、うつ病患者の奏効率 (4報) 、ハミルトンうつ病評価尺度 (7報) 、不安障害患者のYale-Brown Obsessive-Compulsive Scale (2報) 、ハミルトンうつ病評価尺度 (2報) に影響を与えなかった (PMID:24424706)
・2004年1月までを対象に8つのデータベースで検索できた無作為化比較試験4報について検討したメタ分析において、うつ病患者によるイノシトールの摂取はハミルトンうつ病評価尺度に影響を与えなかった (PMID:15106232)
RCT
・パニック症候群患者21名 (平均35.8±7歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イノシトールを6 g×2/日、4週間摂取させたところ、パニック症候群の重症度と発作の頻度および広場恐怖症の重症度が減少した (PMID:7793450)
・パニック症候群患者20名 (平均39.2±11歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イノシトール12 g/日を1週間、その後18 g/日を4週間摂取させたところ、フルボキサミン服用と同程度に発作が減少した (PMID:11386498)
・強迫性障害患者13名 (平均33.7歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イノシトールを6 g×3/日、6週間摂取させたところイエール‐ブラウン (Yale-Brown) 強迫性障害評価尺度によるスコアが改善した(PMID:8780431)
・うつ病患者28名 (試験群13名、平均63.7歳、イスラエル) を対象とした二重盲検プラセボ比較試験において、イノシトールを6 g×2/日、4週間摂取させたところ、ハミルトンうつ病評価尺度によるスコアが改善した(PMID:7726322) 。この対象者を試験終了後10〜12ヶ月追跡したところ、効果があった患者は治療をやめるとすぐに再発した(PMID:7622343)
・ADDH (attention deficit disorder with hyperactivity) の小児11名 (平均8.9±3.6歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、イノシトール200 mg/kg体重を4週間摂取させたところ、症状 (Conners Parent Teacher Rating Scale) が悪化した(101) 。
・リチウム服用中の乾癬患者15名および服用していない乾癬患者11名 (18歳以上、イギリス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イノシトール6 g/日を10週間摂取させたところ、リチウム服用群でのみ、症状 (PASIスコア) の改善が認められた (PMID:15149510)
・SSRI服用中のうつ病患者36名 (試験群18名、平均49.5±11歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イノシトール3 g×4/日を4週間摂取させたところ、ハミルトンうつ病評価尺度に影響は認められなかった (PMID:10907738)
・SSRI服用中のうつ病患者27名 (試験群13名、平均45.9±5歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イノシトール3 g×4/日を4週間摂取させたところ、ハミルトンうつ病評価尺度に影響は認められなかった (PMID:10023500)
・双極性障害の患者24名 (試験群12名、平均38±8歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、これまでの治療に加えてイノシトール2 g×3/日を1週間、4 g×3/日を5週間摂取させたところ、症状スコア (HAM-D、MADRS) に影響は認められなかった (PMID:11254020)
・アルツハイマー病患者12名 (平均81.6歳、イスラエル) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イノシトール3 g×2/日を4週間摂取させたところ、認知機能評価 (CAMCOG) 8項目中2項目のみ改善が認められたが、総評価に影響は認められなかった (PMID:8843494)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・経口摂取で適切に使用する場合、安全性が示唆されている。イノシトールは12 g/日を4週間および6 g/日を10週間にわたり摂取しても副作用はみられなかった (94) 。
・副作用として吐き気、疲労感、頭痛、目まいを生じる可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中、授乳中のイノシトールの使用の安全性に関しては十分なデータが得られていないため、サプリメントとしての使用は避ける (94) 。母乳には十分なイノシトールが含まれており、乳児にさらにイノシトールを投与する有益性は不明である (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・抑うつのためフェネルジンとともにイノシトール15 g/日を服用していた24歳男性 (イスラエル) が、イノシトール摂取量を自己判断で27 g/日に増量したところ、7日後から過活動、威圧的口調、攻撃性、不眠などを伴う躁症状を呈し、イノシトール量を20 g/日に減量したところ改善した (PMID:8633705)
・抑うつの既往歴がある31歳女性 (アメリカ) が、イノシトール9 g/日を5日間摂取したところ、過活動、不眠、誇大妄想などを伴う躁症状を呈し、摂取中止により改善した (PMID:8633705)
・双極性障害で服薬中の37歳男性 (アメリカ) が、リチウムの副作用軽減目的でイノシトール3 g/日を4日間摂取したところ、気分の高揚などの躁状態を生じ、摂取中止により改善した (PMID:8633705)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・カルバマゼピン、リチウム、バルプロ酸は脳内イノシトール濃度を低下させる可能性がある (94) 。
・フィチン酸 (イノシトール六リン酸) はミネラル、特にカルシウム、亜鉛、鉄の吸収を妨げることが考えられる (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・ミオイノシトールを投与:マウス経口10 g/kg (91) 。
・イノシトール六リン酸ナトリウムを投与:ラット経口>5 mg/kg (91) 。
・ヘキサニコチン酸イノシトールを投与:ラット経口>20 g/kg、マウス経口 >30 g/kg (91) 。
2.TDLo (最少中毒量)
・ミオイノシトールを投与:マウス経口18.9 g/kg/9週、151.2 g/kg/18週、428.4 g/kg/17週、510 g/kg/255日、4 g/kg (91) 。
・イノシトール六リン酸エステルを投与:マウス経口510 g/kg/255日、192 g/kg/48日 (91) 。
3.その他
・in vitro試験において、ミオイノシトールはシュワン細胞の増殖を抑制した (1991063263) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・経口摂取で適切に使用する場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中の安全性に関しては十分なデータが得られていないため、サプリメントとしての使用は避ける。母乳には十分なイノシトールが含まれており、乳児にさらにイノシトールを投与する有益性は不明である。
・フィチン酸 (イノシトール六リン酸エステル) はミネラル (カルシウム、亜鉛、鉄) の吸収を妨げることが考えられる。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取で有効性が示唆されているのは、多嚢胞性卵巣症候群、パニック症候群、強迫性障害 (OCD) 。
・経口摂取でおそらく効果がないと考えられるのは、 うつ病、SSRI (選択的セロトニン再吸収阻害薬) 系抗うつ薬の効果増強、糖尿病性神経症、統合失調症、アルツハイマー病、自閉症。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:2221394) Anal Biochem. 188(2):432-5, 1990.
(PMID:10606582) J Agric Food Chem. 47(12):5116-21, 1999.
(PMID:2653097) Anal Biochem. 176(1):109-16, 1989.
(PMID:7793450) Am J Psychiatry. 1995;152:1084-6.
(PMID:15106232) Cochrane Database Syst Rev. 2004;:CD004049.
(PMID:8780431) Am J Psychiatry. 1996;153:1219-21.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(PMID:10219066) N Engl J Med. 1999 Apr 29;340(17):1314-20.
(PMID:11386498) J Clin Psychopharmacol. 2001 Jun;21(3):335-9.
(PMID:7726322) Am J Psychiatry. 1995 May;152(5):792-4.
(PMID:7622343) Isr J Psychiatry Relat Sci. 1995;32(1):14-21.
(PMID:10023500) Biol Psychiatry. 1999 Feb 1;45(3):270-3.
(PMID:10907738) J Neural Transm. 1999;106(7-8):795-8.
(PMID:15149510) Br J Dermatol. 2004 May;150(5):966-9.
(94) Natural Medicines
(PMID:26496267) Medicine (Baltimore). 2015 Oct;94(42):e1604.
(31) 理化学辞典 第5版 岩波書店
(32) 生化学辞典 第4版 東京化学同人生化学辞典
(78) 改訂 食品添加物インデックス 和名・英名E No.検索便覧 中央法規 社団法人日本輸入食品安全推進協会
(101) Hum Psychopharmacol. 1995; 10(6):481-4.
(1991063263) 名大分院年報. 1990; 23:7-13.
(PMID:24424706) Hum Psychopharmacol. 2014 Jan;29(1):55-63.
(PMID:25854593) Andrology. 2015 May;3(3):491-5.
(PMID:22031267) Hum Psychopharmacol. 2011 Oct;26(7):526-30.
(PMID:23327487) J Matern Fetal Neonatal Med. 2013 Jul;26(10):967-72.
(PMID:19499845) Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2009 Mar-Apr;13(2):105-10.
(PMID:362791) Acta Neurol Scand. 1978 Oct;58(4):241-8.
(PMID:6868954) Acta Neurol Scand. 1983 Mar;67(3):164-72.
(PMID:8633705) Am J Psychiatry. 1996 Jun;153(6):839.
(PMID:8843494) Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 1996 May;20(4):729-35.
(PMID:11254020) Bipolar Disord. 2000 Mar;2(1):47-55.
(PMID:12478879) World J Biol Psychiatry. 2002 Jul;3(3):147-9.
(PMID:15206484) Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2003 Nov-Dec;7(6):151-9.
(PMID:15251831) Endocr Pract. 2002 Nov-Dec;8(6):417-23.
(PMID:18074942) Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2007 Sep-Oct;11(5):347-54.
(PMID:26678256) Cochrane Database Syst Rev. 2015 Dec 17;(12):CD011507.