健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

クレアチン [英]Creatine (=メチルグリコシアミン) [学名]-

概要

クレアチンはアミノ酸の一種で、体内で合成され、大部分がクレアチンリン酸として筋肉に存在している。クレアチンリン酸は、筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATPの再生に使用される。俗に、「持久力を高める」「疲労を回復する」などと言われている。ヒトでの有効性については、短時間の激しい運動を繰り返す際に、経口摂取で運動能力を高めることが示唆されている。安全性については、適切に経口摂取すれば安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・C4H9N3O2、分子量 (MW) 131.13。90%が筋肉に存在し、心筋に多く平滑筋には少ない。

分析法

・血清、尿中のクレアチンの測定方法 (Folin法、酵素法) が報告されている (101)(1995177194) 。血清、尿中のクレアチンが質量分析器 (MS) (PMID:9367508) または紫外可視検出器 (検出波長210,200 nm) (PMID:10950297) (103) を装着した高速液体クロマトグラフィー (HPLC) により分析されている。

有効性








循環器・
呼吸器


<循環器>
一般情報

・うっ血性心不全 (CHF) に対して経口摂取で有効性が示唆されている。経口摂取でうっ血性心不全患者の運動耐性を改善したが、駆出分画に対する影響はみられなかった (PMID:7585833)
RCT
・心不全の男性患者33名 (試験群17名、平均51.7±10.5歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クレアチン5 g/日を6ヶ月間摂取させたところ、心肺機能 (心肺運動負荷試験、6分間歩行) に影響は認められなかった (PMID:22735863)

<呼吸器>
RCT

・慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 患者80名 (試験群38名、平均67.6歳、イギリス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クレアチン22 g/日を5日間、その後3.76 g/日を7週間まで摂取させたところ、筋肉生検ではクレアチン含量の増加が認められたが、健康状態の指標 (漸増シャトルウォーキングテスト等) に変化は認められなかった (PMID:18420964)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

一般情報
・マッカードル病 (5型糖原病:筋肉のグリコーゲンホスホリラーゼの欠損に起因する糖原病で、正常な化学構造の糖原が筋肉に蓄積する) の治療に経口摂取で有効性が示唆されている (94) (PMID:10891977) 。予備的な臨床知見によると、日常的に高濃度のクレアチンを摂取した結果、運動能力が改善し、運動後の筋肉痛が低減した人もみられたという (94) 。
RCT
・II型糖尿病患者25名 (試験群13名、平均57.5±5歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、運動プログラムと共に、クレアチン5 g/日を12週間摂取させたところ、HbA1c、食後の血糖曲線下面積の低下が認められたが (PMID: 20881878) 、腓腹筋やひらめ筋のカルノシン含量に影響は与えなかった (PMID:21999299)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・脳回転状網膜脈絡膜萎縮の治療に経口摂取で有効性が示唆されている。クレアチン摂取によって、同病患者における視力衰退の進行が遅くなった (94) 。
RCT
・健康な高齢女性47名 (ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験 (24週間) において、クレアチン20 g/日を5日間、その後5 g/日を試験終了まで、単独 (13名、平均66.9±4.9歳) または筋力トレーニングとともに (12名、平均66.4±5.6歳) 摂取させたところ、筋力パフォーマンス、うつ症状、認知機能に影響は認められなかった (PMID:24098469)

免疫・がん・
炎症

一般情報
・関節リウマチに対して経口摂取は効果がないことが示唆されている (94) 。
RCT
・変形性関節炎の閉経後女性24名 (試験群13名、平均58±3歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レジスタンス運動とともにクレアチン20 g/日(朝食、昼食、夕食、夜10時に各5 g)を1週間、続いて5 g/日を昼食時に11週間摂取させたところ、膝関節機能の改善が認められたが、筋力、体格に影響は認められなかった (PMID:21311365)

骨・筋肉

一般情報
・短期間の激しい運動の繰り返しの際に、運動能力 (特に筋肉の) を高める目的での経口摂取は有効性が示唆されている。多数の研究から、クレアチンはある種の激しい運動に有効という結果が得られているが、他の運動には効果がないという報告もある。(健康な若い人において) 単回の運動よりは、短期間に最大の運動を繰り返し行う場合にもっとも有効である。またより長い時間、意図的に有酸素運動と無酸素運動を交互に行う場合に、効果が高いとされている。有酸素運動での効果はないとされている。高齢者でも効果はみられないという報告がある。慢性的に用いるよりは、短期間に使用する方が効果が高いとされ、ほとんどの研究では20 g/日を5日間摂取して効果を見ている (94) 。
・さまざまな筋ジストロフィーをもつ成人および小児において、筋肉の強さと日常の活動を向上させる目的で経口摂取は有効性が示唆されている (PMID:10802796) (PMID:15159476) 。毎日クレアチンを8週間摂取したところ、筋力と日常的な活動にやや改善がみられた (94) (PMID:10802796)
メタ分析
・2014年9月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験60報について検討したメタ分析において、筋力トレーニングとクレアチン摂取の併用は、最大スクワット重量 (10報) 、総レッグプレス重量 (12報) 、3分間以内のスクワット (11報) 、レッグプレス (14報) 、ジャンプ (20報) 評価の向上と関連が認められたが、レッグエクステション (15報) 、等速性運動 (12報) の評価に影響は認められなかった (PMID:25946994)
RCT
・運動習慣がない健康な高齢者16名 (平均70.4歳、試験群8名、日本) を対象とした二重盲検試験において、クレアチン5〜20 gを8週間、毎日摂取させ、同時に筋力トレーニングを行ったところ、レッグプレスの1-RM (最大挙上重量) が増加した (2005233484) 。
・高齢男女39名 (65〜85歳、試験群21名、カナダ) を対象とした無作為化二重盲検比較試験において、レジスタンス運動と共にクレアチン5 g/日、共役リノール酸6 g/日を6ヶ月間摂取させたところ、脂肪量の低下、除脂肪量、膝、胸、腕の筋力の増加がみられたが、血漿クレアチニン値も上昇した (PMID:17912368)
・運動習慣がなく、骨減少症または骨粗鬆症の閉経後高齢女性60名 (ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クレアチン5 g/日 (初めの5日間のみ20 g/日) を単独 (15名、平均66.1±4.8歳) またはレジスタンス運動と併用 (15名、67.1±5.6歳) で24週間、摂取させたところ、併用群でのみ、何もしない群と比較して筋肉量、筋力 (1-RM、timed-stands test) の増加が認められたが、レジスタンス運動のみ実施した群との差は認められず、体脂肪量、骨代謝マーカー (P1NP、CTX) に影響は認められなかった (PMID:24530883)
・男性ボート競技選手20名 (平均19.4歳、試験群10名、日本) を対象とした二重盲検試験において、クレアチン20 gを6日間、毎日摂取させたところ、2,000 mローイングのタイムが向上したという予備的な報告がある (2001164499) 。この現象についてはさらなる検証が必要である。
・活動的な成人20名(平均21.7歳、試験群10名、日本)を対象とした二重盲検試験において、クレアチン20 gを6日間、毎日摂取させた結果、間欠的自転車スプリント運動の3回目以降の結果が向上した (2000257664) 。
・大学ラグビー男子選手17名 (平均19.5歳、日本) を対象とした二重盲検試験において、クレアチンサプリメント20 gを3週間、毎日摂取させた結果、膝屈曲筋力と無酸素性運動時の疲労耐性が上昇した (2000210625) 。
・心臓病患者70名 (平均57.5±8.4歳、試験群33名、ベルギー) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、週3回の有酸素運動とレジスタンス運動とともにクレアチン5 g/日を3ヶ月間摂取させたところ、心肺機能 (心拍、酸素脈、VO2peak、Respiratory exchange ratio peak) 、筋力、生活の質の評価 (SF-36、MacNew Heart Disease) 、血中脂質濃度に影響は認められなかった (PMID:20576665)
・サッカーチームに所属する健康な20歳未満の男性25名 (試験群13名、平均17.1±1.4歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クレアチン0.3 g/kg体重/日を7日間摂取させたところ、ランニング・スプリント・テスト (RAST)パフォーマンスの向上、運動後のLDH活性および炎症マーカー (TNF-α、CRP) の上昇抑制が認められたが、RASTにおける疲労指数、血漿乳酸濃度、酸化ストレス・抗酸化関連指標 (マロンジアルデヒド、グルタチオン、GSH/GSSG比、FRAP、および赤血球カタラーゼ、SOD、GPx活性) に影響は認められなかった (PMID:23800565)
・健康な中高年男性20名 (55〜70歳、試験群10名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クレアチン20 g/日を7日間、続いて週3回のレジスタンス運動後にクレアチン0.1 g/kg体重を12週間摂取させたところ、最大挙上重量、体組成 (体重、体脂肪率、体脂肪量、徐脂肪体重) 、血清IGF-1濃度、テストステロン濃度、筋線維断面積、筋線維タンパク質量に影響は認められなかった (PMID:24633488)

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

一般情報
・トレーニングを積んだ運動選手の能力を向上させる目的には、経口摂取でおそらく効果がない (94) 。
・60歳以上の人の運動強度や体格の改善の目的には、経口摂取でおそらく効果がない (94) 。
RCT
・成人男性30名 (試験群15名、平均20.47±2.13歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、微粉化クレアチン0.3 g/kg/日を5日間摂取させたところ、運動中 (75%VO2max) の呼吸商や酸素摂取量、運動後の血中乳酸塩、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE濃度に影響は認められなかった (PMID:2252652)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に用いれば経口摂取で安全性が示唆されており (94) 、連続摂取で5年まで安全という報告がある (94)。
・クレアチンを大量に長期間摂取すると、重篤な副作用が出やすくなり、危険性が示唆されている (94) (63) 。
・経口摂取の副作用としては、胃腸の痛み、吐き気、下痢が報告されている (94) (63) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける (94) (63) 。
<その他>
・臨床試験では報告されていないが、クレアチンを摂取した男子学生運動選手のうち、25%で筋肉の痙攣が起きたという知見もあり (94) 、クレアチンは筋痙攣や筋肉の衰弱などを引き起こし、筋肉裂傷を起こす可能性がある (63) 。
・健康な人ではまれだが、腎臓の障害があったり、そのリスクのある人においては、クレアチン摂取が腎機能に影響を与える可能性が示唆されている (63) 。多くの研究では5〜20 g/日を最長5年間まで摂取した人における腎機能の変化はないとしている (PMID:10694109) (PMID:10449011) (PMID:18188581) が、1例、5 gを4回/日、4週間摂取後に急性間質性腎炎や巣状尿細管障害が起きたという報告がある (94) 。
・腎疾患の既往症がある人、糖尿病患者など、腎機能不全のリスクが高い人はクレアチン
の使用を避けたほうがよい (94) (63) 。
・II型糖尿病患者25名 (試験群13名、平均57.5歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、運動トレーニングとともに、クレアチン5 g/日を12週間摂取させたところ、腎機能 (51Cr-EDTAクリアランス、クレアチニンクリアランス、尿蛋白、血清および尿中尿素や電解質) に影響は与えなかった (PMID:20976468)
・クレアチンは肝機能に影響を与える可能性があるので、肝臓疾患を患っている人は注意して使用したほうがよい (63) 。
・クレアチンは喘息症状と関連があるので、クレアチンにアレルギーのある人は使用しないほうがよい (63) 。
・クレアチンは理論上、インスリンの活性に影響を与える可能性があるため、糖尿病や低血糖症の人は注意して使用したほうがよい (63) 。
・クレアチンを摂取すると、高熱不耐症や発熱、脱水症、血液量の低下、電解質平衡異常がおこる可能性がある (63) 。
・クレアチンは下肢のコンパートメント症候群 (損傷を受けた筋肉に過度の腫れが生じ、筋肉や周囲の軟部組織に不可逆的な損傷や壊死が起こる可能性のある状態) のリスクを増大させる可能性がある (63) 。
<被害事例>
・クレアチン (5 g/週3回) 、混合ハーブ、その他アミノ酸、ビタミンやミネラルなど複数のサプリメントを6ヶ月間摂取していた24歳男性が、急性腎障害、高血圧およびタンパク尿を発症し、組織検査では急性間質性腎炎の症状を呈し、原因物質はクレアチンと考えられた (PMID:17046619) (63) 。
・27歳の健康な男性重量挙げ選手が、クレアチンを主成分とするサプリメントを8〜9ヶ月前から、ホエープロテインを主成分とするサプリメントを4週間前から摂取したところ、無痛黄疸を呈する急性胆汁うっ滞性肝障害を発症し、サプリメントの摂取停止により回復した (PMID:18452122)
・42歳男性ボディービルダーがクレアチン5 gを4回/日 (その後クレアチン5 g/日に変更) 、1ヶ月程度摂取し、血糖値やクレアチニン値、HbA1c値が高値であったため、その後メトフォルミン500 mg2回/日をクレアチンと1ヶ月程度併用摂取したところ、急性腎不全と乳酸アシドーシスをおこした (PMID:20223410)
・18歳のカヌー選手の男性 (シンガポール) が、クレアチン含有スポーツ栄養サプリメントを3ヶ月間摂取したところ (摂取量不明) 、嘔吐、頭痛を伴う上矢状静脈洞、横静脈洞、内頸静脈血栓症を呈した (PMID:24769023)
・運動習慣のある31歳男性 (シンガポール) が、運動能力向上のためにクレアチンサプリメントを摂取したところ (摂取量、期間不明) 、下肢腫脹と痛み伴う下肢深部静脈血栓症を呈した (PMID:24769023)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・クレアチン6 g、カフェイン400〜600 mg、エフェドラ40〜60 mg、その他種々のサプリメントを6週間摂取した運動選手において、虚血性心臓発作が報告されている (PMID:10671124)

<理論的に考えられる相互作用>
・高用量のクレアチンは腎機能に対して有害な影響を与えるかもしれないので、理論的には腎毒性のある医薬品との併用で、その副作用が増悪することが考えられる (63) が、まだ報告はされていない (94) 。
・クレアチンは肝臓の機能に影響を与える可能性があるので、肝毒性の可能性となる薬物やハーブ (チャパラルやコンフリー、エキナセア、ジャーマンダーなど) 、サプリメントと併用して使用しないほうがよい (63) 。
・クレアチンは理論上、インスリンの活性に影響を与える可能性があるため、血糖値に影響する薬やハーブ、サプリメントを使用している人は注意して使用したほうがよい (63) 。
・クレアチンと併用してプロベネシドを摂取すると、体内のクレアチン濃度が上昇するため、副作用が増強する可能性がある (63) 。
・クレアチンには脱水や電解質平衡異常の可能性があるので、利尿薬 (ヒドロクロロジアジドやフロセミド) や利尿作用があるハーブ (アーティチョークやセロリ、セイヨウタンポポなど) を含むサプリメントと併用しないほうがよい (63) 。
・クレアチンはロバスタチンなどのコレステロール低下薬やベニコウジなどの作用を強める可能性がある (63) 。
・カフェインやエフェドラとの併用で、脳卒中などの重篤な副作用が起こる可能性がある (63) 。また、カフェインはクレアチンの運動能力に対する効果を減弱させると思われる (PMID:8929583) (PMID:9627907) (63) 。
・クレアチンはビタミンA,D,E,Kの有効性を低減させる可能性がある (63) 。
・クレアチンは代謝されてクレアチニンになるので、臨床検査においてクレアチニン値の上昇が考えられる (94) 。
・炭水化物とクレアチンの併用は、単独で用いるより筋肉のクレアチン濃度を上昇させた (PMID:8899067)

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

総合評価

安全性

・適切に用いれば、経口摂取で安全性が示唆されており、連続摂取で5年まで安全という報告がある。
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。
・多量摂取は副作用が出やすくなり、危険性が示唆されている。副作用としては、胃腸の痛み、吐き気、下痢が報告されている。
・腎疾患の既往症がある人、糖尿病患者などの腎機能不全のリスクが高い人は、使用を避けたほうがよい。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取で有効性が示唆されているのは、1)うっ血性心不全、2)脳回転状網膜脈絡膜萎縮の治療、3)短時間の激しい運動の繰り返しにおける運動能力の向上、4)マッカードル病、5)筋ジストロフィー。
・経口摂取で関節リウマチに対して効果がないことが示唆されている。
・経口摂取で、60歳以上の人の筋力の増強や身体組成の改善、トレーニングを積んだ運動選手の能力を向上させる目的には、おそらく効果がない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) Medicina. 1999; 36(11): 257-9.
(1995177194) 日本臨床. 1995; 53(増刊): 460-3.
(103) J Liq Chrom & Rel Technol. 2002; 25(1); 43-57.
(PMID:9367508) Anal Biochem. 1997; 253(2): 231-5.
(PMID:10950297) J Chromatogr A. 2000; 886(1-2): 297-302.
(PMID:7585833) Cardiovasc Res. 1995;30:413-8.
(PMID:10891977) Arch Neurol. 2000;57:956-63.
(PMID:10802796) Neurology. 2000;54:1848-50.
(PMID:15159476) Neurology. 2004;62:1771-7
(PMID:10671124) J Neurol Neurosurg Psychiatry.2000 Jan ;68(1) :112-3.
(PMID:8929583) J Appl Physiol. 1996 Feb;80(2):452-7.
(PMID:9627907) J Am Coll Nutr. 1998 Jun;17(3):216-34
(PMID:8899067) Acta Physiol Scand.1996 Oct,158(2):195-202
(PMID:17046619) J Ren Nutr. 2006 Oct;16(4):341-5.
(2005233484) 健康医科学研究助成論文集.2005; 20: 14-21
(2001164499) 体力科学.2001; 50(1): 89-96
(2000257664) 臨床スポーツ医学. 2000; 17(7): 872-876
(2000210625) Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology. 1999; 9(3): 259-2
(63) ハーブ&サプリメント NATURAL STANDARDによる有効性評価 産調出版株式会社 渡邊昌日本語監修
(PMID:17912368) PLos ONE.2007;2(10):e991.
(PMID:18452122) Semin Liver Dis. 2008 May;28(2):226-31.
(PMID:18420964) Am J Respir Crit Care Med. 2008 Aug 1;178(3):233-9.
(PMID:20223410) Am J Emerg Med. 2010 Mar;28(3):388.e5-6.
(PMID:20976468) Eur J Appl Physiol. 2011 May;111(5):749-56.
(PMID:20576665) Clin Rehabil. 2010 Nov;24(11):988-99.
(PMID:20881878) Med Sci Sports Exerc. 2011 May;43(5):770-8.
(PMID:21999299) Appl Physiol Nutr Metab. 2011 Oct;36(5):764-7.
(PMID:2252652) J Sports Med Phys Fitness. 2012 Apr;52(2):165-9.
(PMID:22735863) Arq Bras Cardiol. 2012 Jul;99(1):623-9.
(PMID:21311365) Med Sci Sports Exerc. 2011 Aug;43(8):1538-43.
(PMID:23800565) Nutrition. 2013 Sep;29(9):1127-32.
(PMID:24769023) Am J Med. 2014 Aug;127(8):e7-8.
(PMID:24098469) PLoS One. 2013 Oct 3;8(10):e76301.
(PMID:24633488) Eur J Appl Physiol. 2014 Jun;114(6):1321-32.
(PMID:24530883) Exp Gerontol. 2014 May;53:7-15.
(94) Natural Medicines
(PMID:25946994) Sports Med. 2015 Sep;45(9):1285-94.
(PMID:10694109) Med Sci Sports Exerc. 2000 Feb;32(2):291-6.
(PMID:18188581) Eur J Appl Physiol. 2008 May;103(1):33-40.
(PMID:10449011) Med Sci Sports Exerc. 1999 Aug;31(8):1108-10.