特定保健用食品:商品詳細
画面を閉じる

商 品 詳 細

商品イメージ

食品名

キリン メッツ コーラ

形態:炭酸飲料

内容量:480 mL

製造あるいは販売者

キリンビバレッジ株式会社

住所:東京都千代田区神田和泉町1番地

電話番号:0120−595−955(お客様相談室)

許可された実際の表示

許可された年月

本品は、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食後の中性脂肪の上昇を抑制するので、脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の中性脂肪が気になる方の食生活の改善に役立ちます。

2011年10月13日

適切な利用法

お食事の際に1本(480mL)、1日1回を目安にお飲みください。

利用上の注意事項

・多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。
・飲みすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなることがあります。

関与成分についての解説

【関与成分および作用機序】
【成分の特性】
でん粉由来の水溶性食物繊維であり、低粘性・低甘味で水溶液はほぼ透明。耐熱性・耐酸性に優れており、様々な食品に応用しやすい。ミネラルの吸収阻害はなく、FDA (米国食品医薬品局) のGRAS (Generally Recognized As Safeの略称。米国における食品安全性に関する審査制度) にリストされた安全性の高い素材である。
【作用・効果および機序】
食事から摂取した脂質は、リパーゼによって脂肪酸やモノアシルグリセロールに分解され、胆汁酸等とミセルを形成する。ミセルは小腸上皮で崩壊し、放出された脂肪酸やモノアシルグリセロールが体内に吸収される。難消化性デキストリンは、ミセルを安定化し、脂肪酸やモノアシルグリセロールの放出を抑えることで脂質の吸収を抑制し、便中への脂質排泄を増加させることで、食後血中中性脂肪の上昇を抑制すると考えられる。(1)

出典:
(1) J. Health Sci., 55, 838-844 (2009)

【関与成分の分析方法】
低分子水溶性食物繊維を含む食品に適用される酵素−HPLC法 (1) に準じ、下記の操作を行う。
1. 酵素処理液の調整:各種酵素により炭水化物およびたんぱく質の消化を行う。
2. 高速液体クロマトグラム用溶液の調整:イオン交換樹脂によりイオン性不純物質(たんぱく質、有機酸、無機塩類等)の除去を行い、難消化性デキストリンを濃縮する。
3. 高速液体クロマトグラムで定量:得られた高速液体クロマトグラムより三糖類以上の画分中の難消化性デキストリン画分を求める。

出典:
(1) AOAC 2001.03:Journal of AOAC International,85, 2, 435-444 (2002)

安全性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
対象:空腹時血中中性脂肪値が正常域からやや高めの成人男女18名(空腹時血中中性脂肪値40〜199 mg/dL)。
方法: 難消化性デキストリン(食物繊維として)を5 g配合した炭酸飲料(試験飲料)を、12週間にわたって、1日1回、1回1本、いずれかの食事の際に摂取させた。摂取開始前、摂取開始4、8、12週間後に理化学的検査、血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、および医師診察を行った。
結果:試験飲料の摂取に起因する臨床上問題となる所見は認められなかった (1) 。

研究2:
対象:空腹時血中中性脂肪値が正常域からやや高めの成人男女18名(空腹時血中中性脂肪値40〜199 mg/dL)。
方法:難消化性デキストリン(食物繊維として)を15 g配合した炭酸飲料(試験飲料)を、4週間にわたって、1日1回、1回1本、いずれかの食事の際に摂取させた。摂取開始前、摂取開始2、4週間後に理化学的検査、血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、および医師診察を行った。
結果:試験飲料の摂取に起因する臨床上問題となる所見は認められなかった (1) 。

出典:
(1) 薬理と治療,38, 627-635 (2010)

【動物・その他の試験】
研究1:
方法:指示菌株(大腸菌のWP2uvrA、ネズミチフス菌のTA98、TA100、TA1535、TA1537株)を用いて、5000 g/plate(食物繊維として4580 g/plate)を最高用量とした復帰変異試験により変異原性の有無を評価した。
結果:いずれの指示菌株でも復帰変異コロニー数が増加しなかったため、変異原性は陰性と判定された (1) 。

研究2:
方法:マウスに難消化性デキストリン(食物繊維として)を4.6、9.2、18.3 g/kg体重で強制経口投与し、7日間状態観察を行い、急性毒性を評価した。
結果:難消化性デキストリンの経口投与による死亡例は認められず、LD50値は本試験の最大投与量である18.3 g/kg以上(食物繊維として)と推定された (1) 。

研究3:
方法:ラットに水道水、難消化性デキストリン(食物繊維として)を4.6、9.2、18.3%配合した水溶液を5週間摂取させ、飼育した。
結果:体重増加曲線、血清総たんぱく質、および血清カルシウム値について、難消化性デキストリン摂取群と非摂取群との間に差異が認められなかったことから、ミネラルを含めた栄養素の吸収阻害作用はないことが示唆された。また、肝機能の指標である血清GOTおよびGPT値についても、難消化性デキストリン摂取群と非摂取群との間に差異は認められなかった (2) 。

出典:
(1) 食品衛生学雑誌,33, 557-562 (1992)
(2) 日本栄養・食糧学会誌,44, 471-478 (1991)

有効性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
対象:空腹時血中中性脂肪値がおもに正常高値域からやや高めの成人男女90名(空腹時血中中性脂肪値120〜200 mg/dL)。
方法:難消化性デキストリン(食物繊維として)を5 g配合した炭酸飲料(試験飲料)あるいは難消化性デキストリンを含まない炭酸飲料(対照飲料)を用いた、二重盲検無作為化クロスオーバー試験を実施した。脂質41.2 gを含む負荷食とともに試験飲料または対照飲料を摂取させ、摂取開始前、摂取開始2、3、4、6時間後に採血を行い、血中の脂質関連指標を測定した。
結果:試験飲料摂取時では、対照飲料摂取時と比較して、摂取2、3、4時間後の血中中性脂肪値と摂取前からの変化量は低値を示した。また、摂取0〜6時間後までの血中中性脂肪値変化量の曲線下面積も、試験飲料摂取時で低値を示した (1) 。

研究2:
対象:健常成人男女10名
方法:難消化性デキストリン(食物繊維として)4.5 gを配合した飲料(試験飲料)あるいは難消化性デキストリンを含まない飲料(対照飲料)を用いた、二重盲検無作為化クロスオーバー試験を実施した。試験飲料あるいは対照飲料を1日3回、1回1本、摂取期間10日間、クロスオーバーで摂取させ、各摂取期間中最後の3日間の便を採取し、便中に排泄された脂質量を測定した。
結果:試験飲料摂取時に採取した便中の脂質排泄量は、対照飲料摂取時と比較して増加した (2) 。

出典:
(1) 薬理と治療,38, 637-643 (2010)
(2) J. Health Sci., 55, 838-844 (2009)

【動物・その他の試験】
研究1:
方法:ラットに、コーン油1 g、あるいは難消化性デキストリン(食物繊維として)0.009 g、0.09 g、0.9 gを添加したコーン油 1 gを、いずれも5%アラビアガム水溶液に懸濁させて体重あたり20 ml/kgの用量で経口投与し、経時的に血中中性脂肪値を測定した。
結果:経口投与後の血中中性脂肪値は、難消化性デキストリンの添加用量依存的に低値を示した (1) 。

研究2:
方法:ラットに、高脂肪食、あるいは難消化性デキストリンを食物繊維として2.2%または4.5%配合した高脂肪食を5週間摂取させ、飼育期間最後の3日間の糞を採取し、糞中に排泄された脂質量を測定した。
結果:糞中に排泄された脂質量は、難消化性デキストリンの添加用量依存的に増加した(2)。

出典:
(1) Eur. J. Nutr., 46, 133-138 (2007)
(2) J. Health Sci., 55, 838-844 (2009)