ビタミンについて

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

ビタミンについて

ビタミン (Vitamins) とは!?
ビタミンという言葉は、ラテン語の vita (生命) + amine (窒素を含むアミン化合物) に由来しています。ビタミンは生体の代謝に必須の微量栄養素として、糖質、脂質、タンパク質などの代謝において潤滑油的な働きをしていますが、人間の体では作ることができない、あるいは作ることができても量的に不十分であるため、食べ物などから摂取しなくてはなりません。ビタミンは現在、脂溶性・水溶性を合わせ、13種類が確認されています。今日、通常の食生活を送っていればビタミン欠乏症は少ないとされており、むしろサプリメントなどの利用により、過剰摂取による悪影響が問題となっています。


主なビタミンの種類と特性は以下の通りです。


各ビタミンの単位と変換方法
脂溶性ビタミン
 脂溶性ビタミンの単位には以前、ビタミンの効力を示すIU (国際単位) が使用されていましたが、純物質の特定等が出来るようになった現在では、重量単位が用いられています。


水溶性ビタミン




参考文献

(1) ビタミンの事典:朝倉書店
(2) 最新栄養学 第9版 (建帛社) 木村修一ら 翻訳監修