健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

 

 

名称

ペクチン [英]Pectin [学名]Pectin

概要

ペクチンは主に高等植物の細胞間に存在し、セルロースとともに構造を形成している。イチゴ、ラズベリーのような柔らかい果実は含量が少なく、かんきつ類、りんご等には多く含まれる。食品添加物として、加工食品の増粘安定剤、ゲル化剤などとしての使用が認められている。俗に、「整腸作用がある」「コレステロールを低下させる」と言われている。アップルペクチンは俗に「体内のセシウムを排出する」と言われているが、その有効性については調べた文献の中に十分な情報が見当たらない。ペクチンのヒトでの有効性については、コレステロールの低下に対して経口摂取で有効性が示唆されている。また、カオリンとの併用により止痢薬として使用されていたが、2003年にFDAがその根拠不足を指摘し、2004年に一般用医薬品としての販売許可が取り下げられた。安全性については、通常食品に含まれる量を経口摂取する場合であればおそらく安全である。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。