健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

シソ [英]Perilla [学名]Perilla frutescens (L.) Britton var crispa (Thnb.) W. Deane 、Perilla frutescens (L.) Britton var acuta Kudo (シソ) 、 Perilla frutescens (L.) Britton var frutescens (エゴマ) など

概要

シソは、中国中南部の原産のシソ科の一年草。食用、薬用として栽培される。葉は薬味など広く調理に用いられ、実は塩漬けなどに利用される。エゴマはシソと同種に分類される変種であり、種子が食用されるほか、油料 (エゴマ油) の原料となる。俗に、「アトピー性皮膚炎や花粉症によい 」「腎臓によい」と言われているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが十分ではない。適切に摂取する場合は安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、通常の食事以外からの摂取は避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・シソ (エゴマ/シソ油) の枝先、種子、種子油、葉は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」抽出物は日持向上剤。シソ油は着香料。シソは香辛料、着色料。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・種子はリノレン酸、ステアリン酸、パルミチン酸などの高級脂肪酸を含む脂肪油、特異な芳香をもつ精油を含む。葉はカフェ−タンニン系のロズマリン酸 (rosmaric acid) を多量に含む。シソ類の在来種には様々な種類があり、その精油成分はいずれもぺリルアルデヒドが主成分だが、その他含まれるものによって5種類に分類される (18) 。
・シソの利用部位は葉と種で、これらは多種類のフラボンを含み、主要なものはアピゲニン (apigenin) (94)、ルテオリン (luteolin) (94) 、シソニン (shisonin) などである。種子油はまたα-リノレン酸 (94) を多量に含む (64) 。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・気管支喘息患者14名 (平均58.9歳、日本) を対象に、シソ油を食する群とコーン油を食する群に無作為に割付、4週間追跡した試験において、シソ油の摂取により呼吸機能の改善が認められた (PMID:10732825)
その他
・気管支喘息患者4名と咳型喘息患者1名 (51〜72歳、日本) を対象に、15 g/日のエゴマ油をドレッシングかマヨネーズとして、他の油の代わりに2週間摂取させたところ、ピークフロー値の増加、ロイコトリエン産生量の低下が認められたという予備的な報告がある (1998013984) 。この現象についてはさらなる検証が必要である。
・高齢者20名 (67〜91歳、日本) を対象に、大豆油の代替としてシソ油 (平均6.1 g/日) を使用した食事を10ヶ月間摂取させたところ、血清総脂質中のn-3系脂肪酸、α-リノレン酸、EPA、DHAが増加したが、体重、血清総コレステロール、VLDLコレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、酸化LDL、トリグリセリド濃度、糖代謝関連指標 (血糖値、インスリン濃度、HbA1c) 、血液凝固関連指標 (血小板数、プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間、血漿フィブリノゲン、PAI-1濃度) に影響は認められなかった (2000257120) 。


消化系・肝臓

調べた文献の中で見当らない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中で見当らない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中で見当らない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中で見当らない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中で見当らない。

骨・筋肉

調べた文献の中で見当らない。

発育・成長

調べた文献の中で見当らない。

肥満

調べた文献の中で見当らない。

その他

RCT
・スギ花粉症患者43名 (試験群21名、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、青シソ葉エキス15 mg+青シソ種子エキス30 mg+甜茶エキス195 mg/日を、スギ花粉飛来の1ヶ月前より2ヶ月間摂取させたところ、問診所見のうち下鼻甲介粘膜の腫脹、鼻腔内水性分泌量の低減が認められたが、眼と鼻の症状の重症度、鼻汁好酸球数に影響は認められなかった (2002099133) 。





試験管内・
動物他での
評価

・種々の動物実験では運動量の抑制や神経刺激に対する反射抑制作用、ヘキソバルビタール睡眠時間延長などが報告されている (24) 。
・動物及び試験管内実験では、シソ油には抗腫瘍活性がある (94) 。

安全性

危険情報

<一般>
・経口で適切に摂取する場合は、安全性が示唆されている (94) 。8ヶ月以上続けて摂取しても安全であるといういくつかの知見がある (94) 。
・外用では接触性皮膚炎を起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外の摂取は避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・保存期慢性腎不全患者8名 (平均57.5歳、日本) を対象に、6ヶ月〜2年3ヶ月間、エゴマ油 (α-リノレン酸62.2%含有) を家庭での調理時に使用させて外食を控えさせたところ、クレアチニン値が10 mg/dLになってから透析開始までの期間 (腎不全が悪化する期間) が短縮され、腎不全の悪化を促進する可能性が示唆された (2002248760) 。
<被害事例>
・2〜5年間職業的にシソを手で触っていた48〜73歳女性 (3名、日本) が、指や指先に皮膚炎を起こし、パッチテストでシソ葉および茎に対して陽性(葉のほうが反応が強い)を示したため、シソによる職業性のアレルギー性接触皮膚炎と診断された (PMID:1534737)

禁忌対象者

調べた文献の中で見当らない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中で見当らない。

動物他での
毒性試験

・シソを食べた動物では肺水腫や呼吸器の苦痛を起こす。動物実験でシソ油の成分であるぺリラケトンは肺水腫を引き起こした (94) 。
・シソ油に含まれる1‐ぺリルアルデヒドとぺリルアルコールは、パッチテストによる皮膚炎の発生の原因になることが示唆されている (64) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・経口で適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外の摂取は避ける。
・外用では接触性皮膚炎を起こす可能性がある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中で見当たらない。

参考文献

(18) 和漢薬百科図鑑/II 保育社 難波 恒雄 著
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(64) 健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳
(PMID:10732825) Intern Med. 2000 Feb;39(2):107-11.
(1998013984) Allergology International. 1997;46(3):181-5
(2000257120) Journal of Nutritional Science and Vitaminology. 1999; 45(6):759-72
(2002248760) 腎不全. 2000; 12(1):41-5
(2002099133) 日本臨床栄養学会雑誌. 2001; 23(3):5-14
(PMID:1534737) Contact Dermatitis. 1992 Jan;26(1):55-6.
(101) 学名でひく食薬区分リスト 健康食品・医薬品に区分される成分 薬事日報堂 佐竹元吉 監修
(102) 第四紀研究 2015,54 (5) 285-298
(103) American Herbal Products Association’s Botanical Safety Handbook, Second Edition
(94) Natural medicine
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳