健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

オルニチン [英]Ornithine [学名]-

概要

オルニチンは、天然に広く存在する遊離アミノ酸のひとつで、食品中ではシジミに比較的多く含まれる。タンパク質中には通常存在しないが、生体内ではL-アルギニンから生合成される。また、肝臓での尿素生成を行うオルニチン回路においてアンモニアと結合する中間体として重要である。俗に、「成長ホルモンの分泌を促進する」「筋肉合成や脂肪代謝を促進する」「運動による疲労を軽減する」などと言われているが、ヒトでの有効性については情報が不十分である。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

C5H12N2O2 分子量132.16。 略号Orn

分析法

イオン交換クロマトグラフイーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中で見当らない。


消化系・肝臓

その他
・肝疾患患者25名 (平均58±13歳、ドイツ) を対象とした試験において、医療用アミノ酸製剤 (L-オルニチン-L-アスパラギン酸塩6〜9 g/日を8〜20年間 (平均13年間)) 摂取させたところ、摂取前と比較して尿素合成が高まり、血漿中アンモニア濃度の上昇が抑制されたという予備的な報告がある (103) 。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中で見当らない

生殖・泌尿器

調べた文献の中で見当らない

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中で見当らない

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中で見当らない

骨・筋肉

RCT
・健康な成人男性18名 (平均38.28歳、試験群10名、アメリカ) を対象とした無作為化二重盲検プラセボ比較試験において、L‐オルニチンとL‐アルギニンの等量混合物をウエイトトレーニングと併用して2 g/日、5週間摂取させたところ、体重及び体脂肪率が減少したが、腹囲には影響が認められなかった (PMID:3398508)
・健康な成人男性22名 (平均37.23歳、試験群11名、カナダ) を対象とした二重盲検プラセボ比較試験において、L-オルニチンとL-アルギニンの等量混合物をウエイトトレーニングと併用して4 g/日 (L-オルニチン2 g含有) 、5日間摂取させたところ、筋力と除脂肪体重が増加し、尿中ヒドロキシプロリン値が低下した (PMID:2770269)

発育・成長

調べた文献の中で見当らない。

肥満

調べた文献の中で見当らない。

その他

RCT
・高齢者185名 (平均74±8歳、試験群93名、フランス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、L-オルニチン (L-オルニチンオキソグルタル酸塩) を10 g/日、2ヶ月間摂取させたところ、体重増加など栄養状態の改善、食欲指数、QOLの改善が認められた (PMID:7976777)
・回復期または栄養不良の70歳以上の高齢者370名 (試験群203名、平均80.3±0.53歳、フランス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、L-オルニチン (L-オルニチン‐α-ケトグルタル酸塩) を10 g/日、2ヶ月間摂取させたところ、体重、食欲指数及び血清アルブミン、トランスフェリン濃度の増加が認められた (104) 。
・17人の健常人 (男性8名、女性9名、平均40.9歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、L-オルニチン (L-オルニチン塩酸塩) 2 g/日を7日間摂取させたところ、血中脂質代謝の促進が認められ、さらに8日目に6 g/日を摂取させ、肉体運動を負荷したところ、血中アンモニアの増加抑制、回復後の主親的疲労感の低下、女性における運動パフォーマンスの低下抑制が認められた (PMID:19083482)





試験管内・
動物他での
評価

ラットの皮下にスポンジを包埋し、餌及び飲水中に0.5%のL-オルニチンを添加して14日間与えたところ、スボンジ中のコラーゲン蓄積と創傷部位の引張強度が増強した (PMID:12175982)

安全性

危険情報

<一般>
・オルニチンの摂取による重篤な副作用は報告されていない。
・健常人においてオルニチン1〜7 g/日を摂取しても副作用がなかったことが報告されている (105) (PMID:2770269)
<その他>
・10 g以上経口摂取した場合に、胃腸の不調 (腹痛、痙性胃痛、下痢) が起こることがあるとの報告がある (105) が、オルニチンに特異的なものではなく、アルギニンなどのアミノ酸を一度に大量に摂取した場合に起こりうるものと同程度と考えられる。
・オルニチン代謝酵素の欠損を原因とする脳回転状網脈絡膜萎縮症では血中のオルニチン濃度が継続的に高く (600μmol/L以上) 、網膜の萎縮が認められるため、オルニチンの摂取は避けるべきである。また、尿素合成経路の代謝系に先天的な異常があり高アンモニア血症を発症するHHH 症候群や、脳回転状網脈絡膜萎縮症患者の親類、網膜色素上皮細胞に障害を持つ人のアミノ酸補給にも注意が必要である (PMID:21767450)

禁忌対象者

調べた文献の中で見当らない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中で見当らない。

動物他での
毒性試験

・Wistar系雄ラットにL‐オルニチンを3 g/kg以上腹腔内投与したところ、膵炎が誘発された (PMID:18594222)
・SD系雌雄ラットにオルニチン塩酸塩を投与した際のLD50は10 g/kg以上 (PMID:4734197)
・ヒトリンパ球での姉妹染色分体交換は10 mg/Lであったという報告がある (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

参考文献中に記載なし。

総合評価

安全性

・経口摂取で適切に用いる場合、おそらく安全である。
・妊娠中における安全性については十分なデータがないので使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
ヒトに対する有効性については、信頼できる十分なデータは見当たらない。

参考文献

(102) 生化学辞典第4版東京化学同人
(101) 衛生試験法・注解2005金原出版株式会社日本薬学会編
(103) Amino Acids. 1992; 3: 147-53.
(105) Nutrition Research. 1990; 10: 239-45.
(104) Facts & Research in Gerontology. 1995; 9: 165-76.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:4580434) Z Allgemeinmed. 1973 Apr 10;49(10):469-72.
(PMID:9482764) J Nutr. 1998 Mar;128(3):563-9.
(PMID:3398508) J Sports Med Phys Fitness. 1988 Mar;28(1):35-9.
(PMID:2770269) J Sports Med Phys Fitness. 1989 Mar;29(1):52-6.
(PMID:6290110) Clin Endocrinol (Oxf). 1982 Aug;17(2):119-22.
(PMID:7976777) Age Ageing. 1994 Jul;23(4):303-6.
(PMID:19083482) Nutr Res. 2008 Nov;28(11):738-43.
(PMID:12175982) J Surg Res. 2002 Aug;106(2):299-302.
(PMID:18594222) Crit Care Med. 2008 Jul;36(7):2117-27.
(PMID:4734197) J Pharm Sci. 1973 Jan;62(1):49-55.
(PMID:21767450) Br J Nutr. 2011 Sep;106(6):801-11.